わかもと製薬株式会社
ワカモトセイヤクカブシキガイシャ

業種分類

医薬品

事業内容

当社の事業セグメントは、「医薬事業」「ヘルスケア事業」「国際事業」及び「不動産賃貸業」で構成されており、当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。医薬事業・・・・・・眼科領域を主として、先発医薬品・ジェネリック医薬品ならびにサプリメント等の製造販売、また国内において医薬品原料の販売及び受託製造販売等を行っております。ヘルスケア事業・・・主力製品である「強力わかもと」に加え、エビデンスに基づき口臭予防を訴求した薬用歯みがき「アバンビーズ」シリーズ及び通販事業を主体に「アバンビーズオーラルタブレット」(乳酸菌含有加工食品)等の販売を行っております。国際事業・・・・・・アジア圏、ヨーロッパ圏を中心として、海外向け「わかもと」などの製品及び原料の輸出に関わる業務ならびに新たなライセンスイン・アウトの活動を行っております。不動産賃貸業・・・・コレド室町関連の賃貸業が主たる事業であります。

連結事業

【単独事業】医薬64(-10)、ヘルスケア29(5)、国際6(8)、不動産1(41)(2019.3)

上場市場

東証一部

上場年月日

1949年05月01日

銘柄コード

4512

EDINETコード

E00928

法人番号

1010001035010

設立年月日

1933年01月15日

沿革

1929年4月
東京市芝公園大門に合資会社「栄養と育児の会」を創立、「わかもと」を発売
1932年10月
東京市外砧村(現世田谷区宇奈根町)に東京工場を新設
1933年1月
東京市芝区芝公園に「株式会社栄養と育児の会」を設立、消化・整腸・栄養剤「わかもと」の製造販売を開始
1935年12月
商号を「株式会社わかもと本舗栄養と育児の会」と改称
1942年7月
綜合ビタミン株式会社を合併
1943年7月
商号を現在の「わかもと製薬株式会社」と改称
1944年10月
同仁製薬株式会社を合併
1949年10月
東京証券取引所に上場
1949年11月
本社を東京都千代田区丸の内二丁目2番地1丸の内ビルヂングに移転
1956年9月
補酵素型ビタミンB2製造法確立FAD「ワカデニン注射液」発売
1961年6月
乳酸菌製造設備完成
1962年1月
消化酵素、活性乳酸菌、ビタミンB1、ビタミンB2、ニコチン酸アミド強化充実し「強力わかもと」を発売
1968年6月
神奈川県大井町に相模大井工場並びに研究設備を新設
1968年11月
本社を東京都中央区日本橋室町一丁目5番3号に移転
1970年8月
抗生物質・化学療法剤耐性乳酸菌製剤「レベニン」発売
1976年7月
医薬品の製造管理および品質管理に関する基準(GMP)の関連設備全工事を完了
1979年10月
研究新館建設
1982年11月
相模大井工場点眼剤1号ライン新設
1983年8月
薬用歯磨「コーラル」を発売(現コーラルε)
1983年9月
信栄株式会社の株式を取得
1983年9月
東京証券取引所第一部へ上場
1986年12月
体外診断薬部門に進出
1989年1月
発行額面総額40億円の第1回物上担保附転換社債を発行
1989年5月
水溶性非ステロイド性抗炎症点眼剤「ジクロード点眼液0.1%」発売
1990年8月
医薬品の製造原料の製造管理および品質管理に関する基準(原薬GMP)設備の新設
1995年12月
乳酸菌整腸剤「わかもと整腸薬」を発売
1999年11月
世界初の熱応答ゲル技術応用点眼液緑内障・高眼圧症治療剤「リズモンTG点眼液」発売
2000年11月
アレルギー性結膜炎治療剤「ゼペリン点眼液0.1%」発売
2002年6月
相模大井工場点眼剤2号ライン新設
2002年8月
相模大井工場環境マネジメントシステムISO14001

電話番号

03-3279-0371

本社所在地

〒103-8330 東京都中央区日本橋本町2−2−2

代表

小島範久

最寄り駅

三越前

従業員数(単独)

337人

平均年齢

43.5歳

平均年収

521万円

平均勤続年数

18.1年

資本金

339,500万円

決算

3月末日

業績

決算期  売上高(百万円)
201703  10,830(-3.2 %)
201803  10,900(0.6 %)
201903  10,739(-1.5 %)
上記のコンテンツは2019年12月14日集計の物です。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。
また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。
本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。
本情報に基づいて行われる判断について、株式会社ネクストビートは一切の責任を負いません。

医薬品の上場企業

中外製薬株式会社

当企業集団は、連結財務諸表提出会社(以下、「当社」という。)、子会社18社及び親会社の子会社2社により構成されており、主な事業内容と企業集団を構成する各会社の当該事業に係る位置づけの概要は次のとおりであります。 医薬品事業21社国内事業:当社が製造した医薬品を、全国の特約店を通じて販売しております。...

栄研化学株式会社

当社グループは、当社(栄研化学㈱)と連結子会社1社(栄研生物科技(中国)有限公司)により構成されており、検査薬の製造販売を主な事業として営んでおります。なお、連結子会社の栄研生物科技(中国)有限公司は、当社検査薬の加工生産及び検査薬の仕入製造販売を主な事業として営んでおります。

ロート製薬株式会社

当社グループは、当社、子会社55社及び関連会社13社で構成され、主にヘルス&ビューティケアの領域で、アイケア関連(目薬、洗眼薬等)、スキンケア関連(外皮用薬、リップクリーム、日やけ止め、機能性化粧品等)、内服関連(胃腸薬、漢方薬、サプリメント等)及びその他(体外検査薬等)の製品(サービス)を製造・販...

株式会社医学生物学研究所

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は当社(株式会社医学生物学研究所)と子会社6社及び関連会社3社・1組合で構成されており、当社セグメントは試薬事業と投資事業に大別されます。試薬事業は臨床検査薬事業とLSTR事業に分類され、臨床検査薬及び基礎研究に関する試薬の研究・開発ならびに製造、販売を主な事業...

ビオフェルミン製薬株式会社

当社の企業集団は、当社と親会社(大正製薬ホールディングス株式会社)により構成されております。当社の主な事業内容は、医薬品・医薬部外品・食品の製造並びに販売であり、親会社グループの主な事業内容は医薬品・医薬部外品・食品等の研究開発、製造、販売であります。

扶桑薬品工業株式会社

当社は、医療用医薬品及び医療用機械器具の製造販売を主な事業内容とし、併せて不動産の賃貸業を営んでおります。 医薬品事業 輸液を中心とする注射剤や人工腎臓透析液などの医療用医薬品及び医療用機械器具の製造販売を行っております。 不動産事業 不動産の賃貸を行っております。

株式会社メドレックス

当社グループは、当社独自の経皮吸収型製剤技術を基に新たな医薬品を生み出す創薬企業グループです。経皮吸収技術をはじめとする製剤技術をもって画期的新薬を開発し、全世界の人々の健康とQOLの向上に資することを企業理念としています。イオン液体の特徴を利用した独自の経皮吸収型製剤技術ILTS®(Ionic L...

株式会社免疫生物研究所

当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、株式会社免疫生物研究所(当社)及び連結子会社2社、関連会社2社(うち1社は持分法非適用会社)で構成されております。当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。 ① 診断・試薬事業 主要な製品およびサービスは、研究...