株式会社ロゼッタ
カブシキガイシャロゼッタ

業種分類

サービス

事業内容

当社グループは、株式会社ロゼッタ(当社)と100%子会社の株式会社グローヴァ、Xtra株式会社、株式会社T-4PO Construction、当社が80%の株式を保有する子会社の株式会社CLASSⅢ、当社が全ての持分を有するRPAコンサルティング合同会社、及びXtra株式会社の100%子会社であるanydooR USA Inc.の7社から構成されております。
当社グループの事業は、AI(人工知能)型の機械翻訳(MT:Machine Translation)とその周辺業務を自動化するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA:Robotic Process Automation)の研究開発・販売を行う「MT事業」(株式会社ロゼッタ・株式会社CLASSⅢ・株式会社T-4PO Construction・RPAコンサルティング合同会社)、従来型の昔ながらの人間による翻訳(HT:Human Translation)と通訳・語学教育等の業務受託サービスを行う「HT(Human Translation)事業」(株式会社グローヴァ)、及び「クラウドソーシング事業」(Xtra株式会社及びanydooR USA Inc.)の3事業より構成されています。

(1) MT事業
AI(人工知能)型の機械翻訳(MT: Machine Translation)を開発し、インターネットを通じて顧客に提供するサービス型ソフトウエア(SaaS: Software as a Service)またはAPIとして販売しております。主なサービスは「T-4OO(Translation for Onsha Only)」で、以下の3点を特徴としております。
①医薬、法務、財務、化学、機械、電気電子、特許等の専門分野の業務用文書を対象にしていること
②医薬、法務、財務についてはほぼ人間に匹敵する超高精度で自然な翻訳ができること
③顧客毎の社内用語や過去対訳によって機械翻訳をカスタマイズできること

主な収益は、初期費用と翻訳利用料です。
「MT事業」は、機械翻訳(MT: Machine Translation)の研究開発・販売については株式会社ロゼッタ及び株式会社T-4PO Constructionによって運営されています。APIとその周辺業務を自動化するロボティック・プロセス・オートメーション(RPA:Robotic Process Automation)については株式会社CLASSⅢ及びRPAコンサルティング合同会社によって運営されています。

(2) HT事業
HT(Human Translation)事業は、従来型の昔ながらの人間による翻訳/通訳/語学教育等の業務受託サービスを提供しております。
「HT事業」は、株式会社グローヴァによって運営されています。

(3) クラウドソーシング事業
WEBのプラットフォーム上で世界中から登録している多数のバイリンガルに対して、多言語翻訳、翻訳品質評価、海外現地リサーチ、AI開発事業者向け学習データ(機械翻訳・音声認識コーパス)の作成、アプリケーションのローカライズテスト等の多様な外国語関連の仕事が簡単かつ迅速に依頼できるクラウドソーシングサービスを提供する事業です。主な収益は、受託した業務の委託料です。料金は、内容、言語、ボリューム等に応じて案件ごとに異なり、受託時または納品に際してWEBのプラットフォーム上で業務委託料を受領します。
「クラウドソーシング事業」は、当社の子会社及び孫会社であるXtra株式会社及びanydooR USA Inc.にて運営しております。

連結事業

【連結事業】MT32(14)、HT55(15)、クラウドソーシング14(12)(2019.2)

上場市場

東証マザーズ

上場年月日

2015年11月19日

銘柄コード

6182

EDINETコード

E31901

法人番号

1010001088074

設立年月日

2004年04月01日

沿革

2004年2月
現代表取締役CEO五石順一が株式会社アイピーオーバンクから有限会社PearlyGates(現当社。設立:1952年4月、資本金:300千円、本社所在地:東京都渋谷区)の株式持分100%を譲受。AI型の機械翻訳研究開発事業を創業する。
2004年4月
株式会社ノヴァから株式会社グローヴァ株式を買収。株式会社グローヴァを有限会社PearlyGatesの100%子会社とする。株式会社グローヴァの100%子会社であった株式会社海外放送センター(現株式会社グローヴァ)は間接出資子会社となる。有限会社PearlyGatesを株式会社化。
2004年5月
株式会社PearlyGatesを株式会社ロゼッタに商号変更し、本店所在地を東京都中央区日本橋3-6-10に移転。
2004年11月
翻訳支援(CAT:ComputerAidedTranslation)ツールである「TraTool」をリリース。
2006年11月
インターネット上の膨大な情報を言語のビッグデータとして統計解析を行うことを原理としたAI型の自動翻訳サービスとして自動翻訳「熟考」をリリース。
2008年1月
「熟考Ver2.0」(全文翻訳機能を強化)をリリース。
2010年7月
「熟考Ver3.0」(精度よりも処理速度を重視した「速考」機能を付与)をリリース。本店所在地を東京都中央区日本橋茅場町3-11-10に移転。
2012年4月
「熟考」に翻訳支援ツール機能を搭載した「熟考Z」サービス開始。
2012年5月
株式会社グローヴァより株式会社海外放送センターの全株式を取得し、直接出資子会社とする。
2012年12月
本店所在地を東京都中央区築地3-5-4に移転。
2013年3月
MT事業の技術を援用した翻訳支援ツールを活用して人間(翻訳者)による翻訳業務受託サービスを行うGLOZE事業部を設置。
2014年3月
一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のプライバシーマークを取得。
2015年3月
「熟考ZVer4.0」(辞書自動作成機能を搭載)をリリース。
2015年8月
自動翻訳「熟考2015」「熟考Z2015」(2015の専門分野別に細分化)をリリース。
2015年11月
東京証券取引所マザーズに株式を上場。
2016年2月2016年6月2016年9月2017年1月2017年3月2017年11月2017年12月2018年1月2018年12月
無料の専門分野翻訳のサポートサイト「産業翻訳だよ!全員集合」をリリース。本店所在地を東京都千代田区神田神保町3-7-1に移転。株式会社エニドア(現Xtra株式会社)を株式交換により完全子会社化。クラウドソーシング事業を追加。『T-4OO』(顧客企業別のテーラーメイド自動翻訳システム)をリリース。株式会社海外放送センターを株式会社グローヴァに吸収合併。産業翻訳の主要5分野(医学、化学、法務、金融、IT分野)の英日翻訳に、高精度の機械翻訳を適用した『T-4OO(ver.2)』をリリース。GMOスピード翻訳株式会社(現Xtra株式会社)を株式取得により完全子会社化。株式会社インターメディア(現株式会社グローヴァ)を株式取得により完全子会社化。連結子会社として株式会社CLASSⅢを設立。
(注)1.株式会社グローヴァは、2019年3月1日を効力発生日として当社の連結子会社である株式会社インターメディアを吸収合併しております。2.株式会社エニドアは、2019年3月1日を効力発生日として当社の連結子会社であるスピード翻訳株式会社を吸収合併し、同日付でXtra株式会社に商号変更しております。

ウェブサイト

https://www.rozetta.jp

電話番号

03-6685-9570

本社所在地

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3−7−1

代表

五石順一

最寄り駅

九段下

従業員数(単独)

75人

従業員数(連結)

135人

平均年齢

38.2歳

平均年収

646万円

平均勤続年数

2.6年

資本金

25,000万円

決算

2月末日

業績

決算期  売上高(百万円)
201702  1,908(14.4 %)
201802  2,006(5.1 %)
201902  2,908(45.0 %)
上記のコンテンツは2019年12月14日集計の物です。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。
また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。
本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。
本情報に基づいて行われる判断について、株式会社ネクストビートは一切の責任を負いません。

サービスの上場企業

WDBホールディングス株式会社

当社の企業集団は、当社(純粋持株会社)及び子会社23社により構成されており、主として人材派遣を中心とした人材サービス関連事業を展開しております。  ①人材サービス事業人材派遣事業は、派遣元事業主が自己の雇用する労働者を派遣先の指揮命令を受けて、この派遣先のために労働に従事させることを業として行うこと...

株式会社タウンニュース社

当社の事業は、タウンニュースを発行し、その広告枠の販売を主業務としております。タウンニュースは、購読料のかからない地域情報紙(フリーペーパー)であり、紙面の中に地域の政治、経済、社会、文化、スポーツ等の身近な情報(記事)を載せ、継続的に紙面を発行しております。主たる収益源は紙面の広告枠販売であり、そ...

株式会社プラネット

当社は、流通機構全体の機能強化を図るため、流通業界を構成する各企業(製造者・配給者・販売者)が合理的に利用できる情報インフラストラクチャーの構築・運営を通じて業務効率化に貢献することを基本コンセプトとして事業を推進しております。当社は顧客の多様なニーズに応えるため、各種の事業を展開しておりますが、大...

株式会社Orchestra Holdings

当社グループは、当社及び連結子会社9社(株式会社デジタルアイデンティティ、株式会社Sharing Innovations、株式会社Orchestra Investment、株式会社ワン・オー・ワン、株式会社DI Continents、株式会社Concerto Partners等)により構成されており...

株式会社協和コンサルタンツ

当社グループは、株式会社協和コンサルタンツ(当社)及び連結子会社3社により構成されており、建設コンサルタント事業(都市、港湾、空港等、建設事業全般における事業計画、企画、設計、測量、調査、施工計画、管理)を主要事業としているほか、情報処理事業ならびに不動産賃貸・管理事業を営んでおります。 事業の内容...

株式会社アスカネット

当社は、遺影写真等画像映像のデジタル加工、通信出力を主体としたメモリアルデザインサービス事業と個人向け写真集の作製、販売を主体としたパーソナルパブリッシングサービス事業を主な事業として取り組んでおります。また、2011年3月より、空中結像技術を取得し、エアリアルイメージング事業として、その研究、開発...

株式会社ビー・エム・エル

当社グループは、連結子会社として㈱協同医学研究所、㈱ピーシーエルジャパン、㈱東京公衆衛生研究所、㈱ジャパンクリニカルサービス、㈱愛媛メディカルラボラトリー、㈱アレグロ、㈱BMLフード・サイエンス、㈱松戸メディカルラボラトリー、㈱第一臨床医学検査センター、㈱日研医学、㈱オー・ピー・エル、㈱盛岡臨床検査...

株式会社建設技術研究所

当社グループは、当社(株式会社建設技術研究所)および子会社により構成されており、河川、ダム、道路、環境、情報などの公共事業に関する建設コンサルタント業を営んでおります。なお、当連結会計年度において連結子会社は25社、持分法適用会社はありません。当社グループの事業内容および当社と主要な子会社の当該事業...