ローム株式会社
ロームカブシキガイシャ
ROHM COMPANY LIMITED

業種分類

電気機器

取扱い商品

・IC(メモリ、アンプ/リニア、パワーマネジメント/電源IC、クロック/タイマ、スイッチ/マルチプレクサ/ロジック、データコンバータ、センサ/MEMS)
・IC(表示用ドライバ、モータ/アクチュエータドライバ、インターフェース、通信用LSI、オーディオ/ビデオ、音声合成LSI、マイクロコントローラ)
・個別半導体(トランジスタ、ダイオード)

事業内容

半導体の総合メーカー。LSI(アナログ、ロジック、メモリ、MEMS)、半導体素子(ダイオード、トランジスタ、発光ダイオード、半導体レーザ)、モジュール(プリントヘッド、パワーモジュール)の製造販売。

上場市場

東証一部

銘柄コード

6963

EDINETコード

E01953

法人番号

9130001000052

沿革

1954年12月
創業者である現取締役佐藤研一郎が京都市上京区において個人企業として東洋電具製作所を創業。炭素皮膜固定抵抗器の開発・販売を開始。
1958年9月
資本金2,000千円で株式会社東洋電具製作所を設立(設立年月日1958年9月17日)。
1959年9月
京都市右京区西院溝崎町21番地に西大路工場を建設。
1961年9月
京都市右京区西院溝崎町21番地に本社を移転。
1966年8月
岡山県に製造会社「ワコー電器株式会社(現ローム・ワコー株式会社)」設立。(以後国内各地に製造拠点を設置)
1969年3月
ICの開発・販売を開始。
1970年8月
米国カリフォルニア州に販売会社「ROHMCORPORATION」設立。(以後世界各地に開発・製造・販売拠点を設置)
1979年8月
商標をR.ohm(アール・オーム)からROHM(ローム)に変更。
1981年9月
商号を株式会社東洋電具製作所からローム株式会社に変更。
1982年6月
半導体研究センター開設。
1983年11月
大阪証券取引所市場第二部に上場。
1986年4月
研究開発センター(現LSI開発センター)開設。
1986年9月
大阪証券取引所市場第二部から第一部に指定替え。
1989年1月
東京証券取引所市場第一部に上場。
1989年8月
LSI研究センター開設。
1994年9月
品質国際規格「ISO9001」認証取得。
1997年9月
横浜テクノロジーセンター開設。
1998年5月
環境国際規格「ISO14001」認証取得。
1998年6月
VLSI研究センター開設。
1999年7月
京都テクノロジーセンター開設。
2002年4月
オプティカルデバイス研究センター開設。
2003年1月
LSI計測技術センター開設。
2008年10月
沖電気工業株式会社から半導体事業部門を買収。
2009年7月
シリコンカーバイドウェハ製造のドイツのサイクリスタル社(現SiCrystalGmbH)を買収。
2009年11月
MEMS加速度センサ製造の米国のカイオニクス社(Kionix,Inc.)を買収。
2010年4月
次世代高効率半導体デバイスであるシリコンカーバイド製ショットキーバリアダイオードを開発、販売を開始。
2013年3月
労働安全衛生規格「OHSAS18001」認証取得。
2015年7月
デジタル電源制御L

ウェブサイト

https://www.rohm.co.jp

本社所在地

〒615-0045 京都市右京区西院溝崎町21番地

代表

藤原忠信

平均年齢

39.9歳

平均勤続年数

14.5年

資本金

8,696,900万円

決算

3月末日

業績

決算期  売上高(百万円)
201703  352,010(-0.1 %)
201803  397,106(12.8 %)
201903  398,989(0.5 %)
上記のコンテンツは2019年12月14日集計の物です。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。
また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。
本情報は、情報の提供のみを目的としており、金融商品の販売又は勧誘を目的としたものではありません。
本情報に基づいて行われる判断について、株式会社ネクストビートは一切の責任を負いません。