ブリッジSEの求人一覧

TOMATES AGENT ではブリッジSEの求人を多数紹介いたします。

ブリッジSEとは

Bridge SEとは、オフショア開発(offshore deverlpopement)において双方の架け橋を担うエンジニアのことを言います。オフショア開発とは、「日本企業が海外のコストが安い国の企業などに発注してシステム開発をする体制」を指し、その際、現地の言葉と日本語を使い双方の架け橋となるのがブリッジSEです。オフショア開発で進めるプロジェクトは言葉の壁や考え方の違い、またコミュニケーションミスから問題が起こり、うまくすすめられないケースがあります。ブリッジSEは、プロジェクトを円滑に進めるために、技術力、マネジメント力、交渉などのコミュニケーション能力や、異文化への理解力・対応力が求められます。

1 - 7 of 7

【ブリッジSE(中国)|東京勤務】 中国子会社の管理、アプリ開発の進捗や品質管理をお任せいただきます
株式会社ブレイブソフト


IT/Web/ゲーム/通信
4M ~ 6M JPY
東京都
■仕様の把握と中国子会社への説明 ■お客様とのやりとり ■中国...

【ブリッジエンジニア・東京勤務】自社開発「BIZTEL」の開発やオフショア先との打ち合わせ業務です
ブライシス株式会社


IT/Web/ゲーム/通信
4M ~ 7M JPY
東京都
システムエンジニアとして、オフショア先のインド企業との打ち合わせや要件...

【ブリッジエンジニア】 セブ開発拠点とのアドテクノロジー事業や新規プロダクトの共同開発の仕事です。
株式会社フルスピード


IT/Web/ゲーム/通信
正社員
4M ~ 8M JPY
東京都
アドテクノロジー事業や新規プロダクト開発に関わる業務です。 ■現地のエ...

ブリッジエンジニア(ベトナム)
企業名非公開


2M ~ 5M JPY
東京都
【仕事内容】 ・Webシステムの提案から見積もり、要件定義、設計...


企業名非公開


4M ~ 5M JPY
東京都
・Web系の受託制作会社。LPやキャンペーンサイト制作がメイン ・ク...

あなたに最適なお仕事は見つかりましたか?

私たちはあなたに最適な求人を紹介することができます。申し込みをしてみてください。

ブリッジSEの仕事の情報

仕事内容が多岐にわたるブリッジSE

ブリッジSEは、海外の提携先との橋渡し役。プロジェクトをスムーズに進めるのがミッションです。プロジェクト提携先は、インドやフィリピン、ベトナムやタイ、ミャンマーなどさまざま。その国の言語ができるのはもちろん、エンジニアとして設計や開発等の経験を活かした業務や提携先のマネジメントや工程管理、品質管理など、プロジェクトにトータルに携わるポジションです。加えて依頼側の日本企業と現地のエンジニアとの調整業務など、業務内容は多岐にわたります。時には現地に行き技術指導を行なうこともあります。一番重要な任務は、オフショア依頼先と依頼元である日本企業との認識のズレがないようにプロジェクトを進めることです。

国際的なプロジェクトに携われる一方で、板挟みになる厳しさも。

ブリッジSEは国際的なプロジェクトに携われることも少なくありません。日本側の依頼を正しくオフショア先に伝え、日本側のイメージするものが少しのズレもなく出来上がったときは、ブリッジSEとしての達成感を感じられます。そしてプロジェクト完遂後、オフショア先の社員から「このプロジェクトは私にとっても大事なプロジェクトだった」という言葉をもらうこともあり、言葉に表せないほどの喜びを味わえることもあるようです。一方、板挟みになることが多いのがブリッジSEの辛いところ。オフショア先のメンバーの仕事に対する姿勢や考え方、文化のズレを感じ、うまく進められずに落ち込むこともありますし、意図が伝わらないが故に同じことを要望し続けないといけなくなる場面もあるようです。

ブリッジSEは英語が第一。マネジメント経験はなくてもOK

一般的に、どの国と提携することになっても英語が共通言語になることが多いため、ビジネスレベル以上の英語力が必要です。互いの国の言語はわからないが英語なら通じるというのはよくある話です。ブリッジSEはマネジメントも行ないますが、応募時点でのマネジメント経験は必要ないとする会社もあり、「開発経験あり・マネジメント経験なし」のエンジニアがブリッジSEとして活躍できる場も多くあります。ブリッジSEになるために必ず取得しなければならない資格はありませんが、ブリッジSEに最適な資格としてはPMP(Project Management Institute)という国際資格があります。難易度が高い分、転職に有利な資格となることは間違いありません。