履歴書/職務経歴書アドバイス

外国人が転職する際の日本の履歴書の書き方 完全ガイド

転職活動では必ず必要になる履歴書。履歴書の具体的な書き方を、例を交えながら説明しています。

履歴書の書き方、もう迷わない!

日本で転職活動をするときに「履歴書の書き方がわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで、履歴書の各項目の書き方や、写真の撮り方、また志望動機の記入例をまとめました。あなたの経験やスキルをしっかりと伝えられるような履歴書をつくり、書類選考通過を目指しましょう。まずは、履歴書が必要な理由を改めて確認していきましょう。

 

企業側に自分のことを端的に伝える書類

履歴書を提出することで、企業側は応募者の個人情報を把握することができます。一方応募者は、履歴書を提出することでこれまでのキャリアを振り返り、何をしたいかをより明確にできるという役割があります。

 

審査書類としての役割を果たす

転職活動において履歴書は、審査書類としての位置づけです。企業側は、個人情報や、学歴、職歴から応募者の基本情報を確認します。このため、応募先企業の業種や職種で勤務するにあたり有益な情報を揃えて記載する必要があります。ただのプロフィール情報ではなく、企業にとって有益な情報を盛り込むことをおすすめします。履歴書は箇条書きの項目もありますが、記述が必要な項目もあります。項目ごとに書き方のポイントをしっかりお伝えしますので、最後まで読み込んで履歴書の作成に活かしてくださいね。

 

履歴書はPCを使って作成

履歴書は個人情報をみやすくまとめた書類です。誰が見ても見やすいよう、PCでの作成をすすめします。ボールペンを使用して作成した場合、間違えたときにもう一度書き直さないければなりません。履歴書の修正に修正ペンや修正テープを使うのはNG。書き直しとなるとせっかくつくった履歴書が無駄になってしまいます。PCだと何度でも書き直しができますし、随時アップグレードできますのでPCでの作成をおすすめします。

 

履歴書の各項目の書き方・写真について

ここから先は各項目ごとに説明します。

 

まずは履歴書のフォーマットを用意し、一緒に確認しながら項目ごとに書き方をイメージしていきましょう。履歴書のフォーマットをご用意していますので、お手元に履歴書のフォーマットがない方はダウンロードしてみてください。

 

<Excel版>履歴書ダウンロードはこちら

<Word版>履歴書ダウンロードはこちら

<PDF版>履歴書見本はこちら

 

履歴書のサイズや概要

片面A4(もしくはA5)×2枚。左側に個人情報や学歴、職歴を記載。左側には職歴の続きや資格、志望動機・アピールポイント、希望を記載。志望動機や自己PR欄など文章記載する欄は、「~です・ます」調で記載しましょう。誤字や脱字は禁物。もし日本語での作成に自信がなければエージェントやハローワークを頼ってくださいね。

 

日付

面接時に持参する場合は、面接日を記載。

面接前に郵送する場合は、投函日(ポストに入れたり、郵便局から送ったりする日付)を記載します。履歴書1枚で送らず、「送付状」と一緒に送る必要があります。送付状、封筒の裏にも履歴書の日付と同じ日付を記載しましょう。

 

面接前にメールで送る場合は、送信する日付を記載しましょう。

 

数字はアラビア数字(1234567890)で統一し、日付は西暦(例:2019年1月31日)で統一します。

 

<NG例>下記NG例にならないよう、日付は面接もしくは投函ごとに見直しましょう。

(1)1カ月前から転職活動を始めていて、履歴書は以前つくったものの使いまわし。今日の面接に持ってきた履歴書には1カ月前の日付が記載されている。

(2)1週間後の面接に備えてつくった履歴書を今日の面接で提出してしまい、履歴書には未来の日付が記載されている。

 

写真

履歴書提出日から3カ月以内に撮影した写真を貼り付けます。

 

・大きさ、背景

 写真に張るのは縦4センチメートル×横3センチメートル。背景は青か白の無地にしましょう。

 

・写真の写り方

バストアップで撮影します。まっすぐ前を向き、あごは少し引いて口は閉じ、歯は見せないようにしましょう。前髪で顔が隠れてしまうと表情が暗く感じてしまうので、前髪は長くても眉毛の上か、長すぎる場合は左右に分けるのが妥当です。顔が隠れないようにしましょう。

 

・表情

笑いすぎていたり、しかめっ面をしていたりすると面接官に良い印象を与えにくくなります。口角を少し上げて微笑む程度にしておくのがおすすめです。

 

・服装

服装はスーツにしましょう。夏でもジャケットは羽織って証明写真を撮ることをおすすめします。冬は、セーターはカジュアルだと捉えられてしまうため避けましょう。

 

・背景

背景は白か青。部屋の壁を背景にして履歴書用の写真を撮影するのは控えましょう。

 

・写真館での撮影がおすすめ

綺麗に明るい表情を引き出してくれるので、写真屋で証明写真を撮影してもらうのがおすすめです。最近はPCで履歴書をつくる人向けに撮影したデータを認証コードで読み込み、端末に保存できたりWeb上からダウンロードできたりするようなものもあります。スピード写真で撮影する場合は、顎が上がったり、表情が暗くなったりしないように注意してください。

 

・NG事項

背景が白か青の無地ではない写真、またスナップ写真は履歴書の写真には不適切です。また、帽子を被っていたりサングラスを着用している写真も使用できません。

 

個人情報を書く項目

・名前、ふりがな

 「ふりがな」とある場合はひらがなでふりがなを書き、「フリガナ」とカタカナである場合はカタカナでフリガナを書きます。

 

・生年月日 履歴書の日付の書き方(アラビア数字・漢数字、西暦・和暦)と統一します。履歴書によっては「M・T・S・H」(明治、大正、昭和、平成の頭文字)に丸を着けるものもありますので、この場合は自分が和暦でいうとどの年代に当てはまるのかWebで調べましょう。

 

・性別

該当欄に丸をつけます。

 

・住所

都道府県から、番地、建物名、部屋番号等まで抜け漏れなく記載します。数字は、履歴書の日付の書き方(アラビア数字:1234567890)で統一します。「〇〇方」まで抜け漏れなく記入しましょう。

 

・電話番号

日中繋がる電話番号を記載しましょう。携帯電話の電話番号が望ましいです。

 

・メールアドレス

転職活動ではメールで企業とやり取りします。一般的なJIS規格の履歴書を使用する場合は、現住所を記載する欄の下の「連絡先」欄に綺麗しましょう。

(例)メールアドレス: tomates@tomates.xx

記入するメールアドレスは携帯やスマートフォンのものではなく、PCメールアドレスです。選考中に書類など大きいサイズのものを送受信するにあたり、携帯やスマートフォンなどの端末だと書類が受信できなかったり、受信できても開けなかったりすることがあるので、PCメールアドレスを記載しましょう。もしPCメールアドレスを持っていない場合は、転職活動用にフリーのメールアドレスを取得しましょう。

 

学歴・職歴欄の書き方

学歴の書き方

「職歴・学歴」欄一行目の中央に「学歴」と記載します。学歴は高等学校卒業から記載しましょう。「高校」ではなく「高等学校」と記載するよう注意してください。入学で1行、卒業で1行使用します。

 

・年月

日付は西暦で、アラビア数字で記載しましょう。

 

・留学経験がある場合

1年以上の留学経験の場合は記載しましょう。記載内容は、「時期・期間・国名・学校名」です。留学経験が1年未満の場合は学歴欄ではなく、自己PR欄に記載しましょう。

 

・転校、転部、休学、中退した場合も記入する

転校した場合は転校先の学校、学部、学科を記載し、後ろに「編入学」と記載します。転部・転科の場合は、転入先の学部・学科を記載したあとに「転学部」「転学科」と記載します。

 

休学した場合は、入学と卒業の行の間に「2年次に体調不良のため半年間休学(現在は完治)」「3年次に留学のため1年間休学」などのように記載します。

中退した場合は学校名、学部名、学科名を記載したあとに「中途退学」と記載します。

学歴の記載例

▼例1 高校卒業後に大学に通い、その後改めて語学学校などに通った場合

 

 

▼例2 留学のために休学した場合

 

 

▼例3 大学を中退した場合

 

職歴の書き方

最終学歴までの記載を終えたら1行あけ、2行目に「職歴」と記載します。次の行から、入社年月、社名、配属を簡単に記載しましょう。

 

・年月

日付は西暦で、アラビア数字で記載しましょう。

 

・在職中の場合

配属の行の下に「現在に至る」と記載します。

 

・退職経験がある場合

退職年月を記載。退職理由を「一身上の都合により退職」と記載しましょう。

 

職歴を全て記載したら、最後に「以上」と右寄せで記載します。これで「学歴・職歴」欄の記載は完了です。

 

職歴の記入例

 

免許・資格の書き方

日付は西暦で、アラビア数字で記載。次に資格名を記載して、免許・資格欄は完了です。日本語能力検定(JLPT)、自動車免許、その他TOEFLやIELTSなどの点数を記載します。

免許・資格の記入例

 

志望動機、アピールポイントの書き方

志望動機やアピールポイントは、250文字~300文字程度に納めるのがおすすめです。

志望動機の書き方のポイント

まずは、求人票の内容、HPなどをよく見て応募先企業のことを良く知る、研究するのが大切です。次の3つの観点から今一度、なぜその企業を志望するのか考えましょう。自分のどんな経験や能力を活かせるのか、具体的な記載内容を検討してください。また、志望動機とアピールポイントは面接で必ず聞かれる質問です。履歴書に何を書き、面接時はどのように回答しようかなどイメージを膨らませながら作成していきましょう。

 

(1)応募先企業を選択した理由(なぜその業界を志望するのか/同業他社が多いなか応募先企業を志望する理由)

(2)自分の経験や能力のアピール(どんなところを業務に生かせそうか。こちらはイメージでOKです)

(3)意欲(どんな仕事をしてその会社の役に立ちたいか)

 

アピールポイントの書き方

応募先企業の仕事をこなせる能力や適性があることをアピールできるように記載しましょう。自分の性格、行動特性などを示すエピソードが効果的です。具体的なエピソードを短くまとめて書くのがポイントです。

 

志望動機、アピールポイントを書くときに注意する点

「勉強したい」「達成感を得たい」など、あなたが一方的にやりたいことを書いても企業にはなんのメリットもないので、採用担当者へのアピールポイントにはなりにくいです。スキルや経験として何がどのくらいできるか、その根拠や理由を具体的に記載しましょう。

 

また、誰にでも当てはまる志望動機は避けてください。「理念に共感した」「事業の将来性に魅力を感じた」「前職の経験を活かせると感じた」など普遍的な理由を記載すると意欲が伝わりにくく、評価が下がってしまいます。

 

そして、「現職(前職)では〇〇ができませんでした」という文章だとマイナスなイメージを持たれてしまいます。「〇〇が難しいと感じ、転職活動を始めました」など、環境を変えるために転職活動を始めたことを記載しましょう。

 

志望動機・アピールポイントの例文

志望動機・アピールポイント記載にあたり、例文をご紹介します。志望動機のポイントを守って作成し、しっかりとアピールしましょう。

 

以下、エンジニア、営業、コーポレート(事務)の志望動機例です。

 

エンジニアの場合

▼例1 エンジニア経験者が異なる業界や領域を担うエンジニアに転職する場合

 

大学卒業後、技術者として取引先である食品業界大手の物流管理システムの開発に携わってきました。開発を進めるにつれ、顧客の要望に応えるだけではなく、設計段階から携わりたい、より上流から携わりたいと考えるようになりました。貴社であれば顧客に寄り添う強い姿勢をもってシステムの企画段階から携ることができると感じています。開発現場ではこれまでの経験を活かせるのはもちろんのこと、顧客に伴走したシステム開発を行なうために業界知識やマーケティングからの視点を身につけることにより貴社の事業発展に貢献できればと考えています。

 

▼例2 エンジニア経験者が異なる業界や領域を担うエンジニアに転職する場合

 

前職は求人のWebメディアの開発に携わっていました。業務をすすめるうちに、エンドユーザーの反応をよりダイレクトに感じられるサービスに携りたいと考え転職活動を始めました。以前よりクラウドを利用した画像の共有サービスに注目しており、そのなかでも業界の第一人者である貴社であれば、自分が持つ技術や経験を活かしてクラウドサービス利用者向けのメディア開発に携れるのではと考えました。業界知識やユーザーの視点などを身につけ、より多くの人に利用してもらえるサービスを提供したいと考え志望いたしました。

 

▼例3 エンジニア経験者が同業界のエンジニアに転職する場合

 

前職では金融業界の顧客管理システムのプログラマとして4年間従事しておりました。顧客を接点を持つ機会が増えていくうちに、要件定義や設計など上流から携りたいという気持ちを強く持つようになりました。貴社は金融業界をメインに、Javaを使用したシステム開発を中心に請け負い、要件定義から任されている案件も多いと伺っております。私自身Javaを得意としておりますので、今までのスキル・経験を生かしながらSEとして要件定義や設計にもチャレンジできると感じ、志望いたしました。

 

【志望動機作成のポイント】

・仕事の特徴と、自分が目標とする姿の共通点を提示出来ている。これにより応募先企業固有の志望理由が面接官に伝わりやすくなります。

・応募先企業でエンジニアとして求められる人物像であることがわかる内容を記載。

・業務に必要な知識を認識し、身につけようという意欲があることを記載。

 

営業職の場合

▼例 営業経験者が異なる業界の営業職に転職する場合

 

現職では4年程自動車業界にてのWeb販促メディアの営業を行なっておりました。「顧客のターゲット層の動向を把握し常に新しい情報を入手する」「顧客からの依頼にはすぐに対応する」という2点を心がけ、1年目の3月には半期に一度の表彰で52名いるグループで売り上げ1位、そしてMVPを獲得しました。2年目からも、常に目標に対して110%以上で達成を続けています。そこで、自動車業界、またWeb媒体のみならず幅広い商材で顧客の商品をPRしたいと考え、さまざまな業界に多く顧客をもつ貴社を志望いたしました。今後はWeb販促メディアの知識を活かしながら、より多くの顧客の商品PR,売上貢献と貴社の事業発展に貢献できればと考えております。

 

【志望動機のポイント】

・これまでの経験、営業にあたり意識していたポイント、またわかりやすい成果をまとめます。

・今後、自身が目指す姿と、応募する企業が扱う商材との共通点を記載。これにより応募先企業固有の志望理由が面接官に伝わりやすくなります。

・表彰経験などがあれば、その表彰の頻度、規模を記載するとわかりやすいでしょう。

 

コーポレート職(人事、財務、事務、秘書など)の場合

▼例 事務職の経験者が同じ職種に転職する場合

※例は事務職です。

 

広告代理店で営業事務に従事してきました。電話での顧客対応やデータの管理・申込書の作成・請求書の作成を担当してきました。今の仕事ではさらなるスキルアップが難しく、転職活動を始めました。貴社では営業に同行して顧客と直接やりとりを行なえる環境があることを魅力に感じています。現在は主にExcel、Word、PowerPointを使用して業務を進めております。ExcelのVBAを用いて顧客管理フロー改善を行なった経験もあり、基本的なPC操作は問題ないと感じております。資料作成・準備など、より効率よく営業の方をサポートできるようにお役立ちできれば幸いです。

 

【志望動機のポイント】

・どのようなスキルを持っているのか、PCスキルや対人スキルなどを分けて記載しましょう。

・コーポレート職はPCスキルを問われることが多いです。このため、PC関連のスキル(MOS:Microsof Office Specialist など)を保持している場合は、自分のPCスキル証明になるため記載しましょう。

・職種に応じて、簿記や秘書検定など、応募する職種に役立つ資格は記載しましょう。

 

志望動機テンプレート

職種問わず利用できるテンプレートです。ブランク(~~)はご自身の経験やスキルにあてはめてご利用ください。

 

【テンプレート1】

前職では~~~に従事しておりました。その間~~と感じるようになり、~~という思いから転職を決意しました。貴社においては~~があり、私自身の強みである~~を活かしながら業務を進められると考えております。業界知識や経営視点などを身につけ~~という姿を目指したいと思い、志望いたしました。

 

【テンプレート2】

現職では~~を行なっており、~~として~~を任されています。特に~~と~~を意識しており、その結果~~を得ることが出来ました。この経験より、~~を強みとしている貴社では今までの経験を活かして~~に取り組みたいと考えております。~~や~~を身につけ~~し、貴社の事業発展に貢献したいと思い、志望いたしました。

 

【テンプレート3】

~~として~年間、~~に従事してきました。そのなかで~~に強い興味を感じるようになり、転職活動を始めました。貴社の~~という点を魅力に感じており、~~として培った~~の経験を活かし、~~に貢献したいと考えております。

 

保有ビザ、日本語能力レベル、JLPT(日本語能力試験)の選択

このページから履歴書のテンプレートをダウンロードした場合、「保有ビザ」「日本語能力レベル」「JLPT(日本語能力試験)」についてそれぞれ選択する箇所があります。それぞれの項目で自分が当てはまる選択肢を選び、反映しましょう。

 

そのほかの項目の書き方

 

扶養家族数、配偶者、配偶者の扶養義務

扶養家族数は配偶者を除いた人数を記載します。配偶者、配偶者の扶養義務はそれぞれ有・無の該当箇所に丸(〇)をつけます。

 

本人希望欄

勤務地や希望職種など、どうしても譲れないものがある場合は記載。なければ「貴社規定に従います」と記載。

空欄で出すと「履歴書が未完成」と思われてしまうため、特に希望事項がない場合もきちんと記載しましょう。

 

履歴書では個人情報や志望動機などを簡潔に記載しよう

履歴書は書類選考にあたり必要最低限の情報を詰め込んだ書類です。業務内容詳細は職務経歴書に記載するため、職務経歴書を興味を持って読んでもらえるように、自分の魅力を最大限伝わるような履歴書を作成しましょう。第三者視点からアドバイスを貰うと、魅力が伝わりやすい履歴書になります。しかし誤字脱字があると、せっかくの履歴書が評価されなくなってしまう可能性もあります。このページを参考に履歴書を作成したのち、是非転職エージェントやハローワークに相談してみてくださいね。

ページ上部へ戻る