暮らし

滞在3カ月で口座開設ができるゆうちょ銀行「海外への送金もできる」

本記事では日本の銀行で口座を開設するための条件と、その条件を満たしていない場合、口座を開設する方法を紹介。

日本の銀行で口座(普通預金)開設をするために必要な条件

日本で働く外国人も給与の振り込みをしてもらうために、口座を開設する必要がありますよね。日本では原則として、外国為替及び外国貿易法上の「居住者」に該当する人のみ普通預金口座を開設することができます。

 

 

居住者として取り扱われるための条件

  • 日本にある事務所に勤務する者
  • 日本に入国後6月以上経過している者

 

 

※上記の条件を満たしていても下記の条件に当てはまる方は非居住者として取り扱われるのでご注意ください。

 

  • 外国政府または国際機関の公務を帯びる者
  • 外交官又は領事館及びこれらの随員又は使用人

(ただし、外国において任命又は雇用された者に限る。)

 

 

従って、短期滞在ビザをお持ちの方中長期在留者の中で日本に入国して6か月以上経過していない方(日本国内にある事務所に勤務している場合を除く)は日本の銀行で口座を開設することができません。

 

滞在期間6ヶ月未満でも口座が移設ができるゆうちょ銀行

 

しかし、来日6ヶ月未満の外国人の口座開設が全くできないわけではありません。外国人の口座開設において最もハードルの低い銀行と呼ばれている「ゆうちょ銀行」では日本での滞在期間が6ヶ月未満の外国籍の方でも口座を開設することができます。

 

 

日本に来てすぐに仕事を始める場合、会社に給料振り込みのための口座を伝えるのが一般的です。そのため、来日して6カ月未満で口座を開設できるゆうちょ銀行は、日本で働く予定がある外国人におすすめです。

 

 

ゆうちょ銀行ウェブサイトのよくあるご質問によると、外国人でも日本国内に居所があれば口座を開設することができ、非居住者に該当する場合、「非居住者等届書」を提出すれば開設ができると説明されています。ただし、日本での滞在期間が6ヶ月以上経過していない場合、海外送金ができない等いくつかの制限が付けられる場合もあります。

 

ゆうちょ銀行で口座を開設するメリット

  • 外国人の開設ハードルが低い
  • 滞在期間が6カ月未満でも口座開設ができる
  • 全国にATMがある
  • 海外入金・送金が可能

 

ゆうちょ銀行の口座を開設するときのポイント

efuroku– stock.adobe.com

 

外国人も解説しやすいゆうちょ銀行の口座ですが、開設時にはいくつかポイントがありますので一緒に確認していきましょう!

 

手続きは本人が直接窓口で行う

基本的に本人が窓口で開設手続きを行う必要があります。ただし、同居している配偶者や親権者、法定代理人であれば申し込みを本人に代わって行うことも可能です。代理で手続きをする場合は、口座を開設する本人の「本人確認書」と代理人の「本人確認書」の両方を提示する必要があります。

 

近くの店舗で開設する

基本的には、口座を開設する「本人の住んでいる地域」または「職場のある地域」にある店舗(ゆうちょ銀行・郵便局)で申し込みをする必要があります。まったく関係のない場所での開設は場合によっては断られてしまうこともあるので注意が必要です。

 

在留期間に注意する

口座の開設を申し込んだ後、3カ月以内に「在留資格の期限」が来る場合は口座の開設ができません。必ず在留資格を更新してから申し込みをするようにしましょう。

 

口座開設には時間がかかる

外国人の方が口座を開設する場合、確認に時間がかかってしまうため、受付当日の口座開設ができない場合があります。その場合は自宅に通帳を郵送してもらえます。外国人の場合は口座開設に約2週間程度かかると思っておいた方が良いでしょう。

 

口座は1つだけ開設する

個人で口座を開設する場合、基本的には1口座だけ開設します。複数の口座を開設しようとした場合犯罪目的と疑われて、開設を拒否されてしまう事があります。よっぽどの理由がなければ1つだけ開設するようにしましょう。

 

ゆうちょ銀行口座開設時に必要なもの

それでは、ゆうちょ銀行で口座を開設するために必要なものを確認しましょう。

 

  • 在留カード(本人確認書類)
  • パスポート
  • 印鑑(またはサイン)
  • 特別永住者証明書(該当する場合のみ)

 

本人確認書類とは

外国人の場合、本人確認書類を提示するように指示された場合「在留カード」があれば問題ありません。そのほかに、在留資格が「留学」の場合は学生証、「技能実習」の場合は社員証の提示が必要になることもあります。必要書類がわからない場合は、あらかじめ窓口に電話して確認するとよいでしょう。

 

海外からお金を受け取る

日本で口座を開設したあと、外国人の場合は海外とのお金のやり取りが発生することもあるかと思います。ゆうちょ銀行では海外とのお金のやり取りが可能ですので、詳しい方法や注意点を確認しましょう。

 

 

まず海外からの送金をゆうちょ銀行で受け取ることは可能です。海外の銀行からゆうちょ銀行に送金するときに必要な情報はゆうちょ銀行のページから確認することができます。

 

*正しい情報はつねに「ゆうちょ銀行」のページで確認するようにしてください。

外国の銀行からの送金(ゆうちょ銀行の情報)

 

場合によっては、送金する方と本人の関係がわかる資料の提出が必要になる場合があります。その場合は入金に時間がかかってしまうケースもありますので注意が必要です。

 

日本から海外にお金を送る

海外に家族がいて、仕送りをしている方も多いかと思います。日本から海外に送金するときはどのような手続きが必要なのでしょうか?ゆうちょ銀行の口座を利用して日本から海外に送金する方法は2つあります。それぞれの方法を詳しく確認しましょう。

 

  • 窓口から送金する
  • ゆうちょダイレクトで送金する

 

窓口から送金する

窓口から海外に送金する場合は下記の書類を提出する必要があります。

 

  • 国際郵便振替請求書(口座間送金用)
  • 総合口座通帳またはキャッシュカード
  • お届け印
  • 本人確認書類
  • マイナンバーが記載されている書類(マイナンバー登録未済の口座の場合)※

※マイナンバーの届け出がお済みの口座からの口座間送金については、マイナンバーの都度の確認は不要です。

 

 

また上記に加えて、「送金の元となる資金を確認できる資料(源泉徴収票・給与明細・所得証明書など)」や「送金内容を確認できる資料(生活費の仕送りをする場合は戸籍謄本・お祝い金を送る場合はお祝いの理由がわかる資料など)」の提出を追加で求められることがあります。事前に窓口で必要書類を確認するとよいでしょう。

 

ゆうちょダイレクトで送金する

ゆうちょダイレクトは「通帳」と「キャッシュカード」が手元にある場合、Web上で海外に送金できるようになるシステムです。利用するにはWebから利用申し込みをする必要があります。(ゆうちょダイレクト新規利用申し込み)

 

 

 

登録後はゆうちょダイレクトにログインすることで、Web上から送金ができるようになります。

 

 

送金手数料がかかることもある

 

日本から海外に送金する時は 3000円費用が掛かります。また送金の取り消しなどを行うときには追加で3000円支払う必要がありますので注意が必要です。

 

 

高いと感じるかもしれませんが、国・地域によっては手数料が無料になります。無料になる国・地域は下記から確認できます。

ゆうちょダイレクト国際送金

 

外国人が口座を開設するなら「ゆうちょ銀行」がおススメ

マメハル– stock.adobe.com

 

ゆうちょ銀行は、外国人が最も口座を開設しやすいと言われています。そのほかにも海外とのお金のやりとりができる、全国どこでもATMが多いなど様々なメリットがあります。

 

 

日本人もたくさんの人が利用している「ゆうちょ銀行」は外国人にもおすすめです。携帯電話の契約や給与振り込みなどで口座がすぐに必要なら「ゆうちょ銀行」で口座を開設してみてはいかがでしょうか。

 

ページ上部へ戻る