日本の暮らし

外国人が日本で運転するには?国際免許証の切り替えについて

外国人が日本で運転をする場合は日本で使用可能な運転免許証が必要となります。日本でつかえる免許証には何があるか?また免許証の種類によって変わる条件などついてわかりやすく解説します。

外国人が日本で運転するための免許証の種類

外国人の方が日本で運転するには、道路交通法に基づき、次のいずれかの免許証が必要となります。(道路交通法第64条、同法第107条の2)

 

  1. ジュネーブ条約に基づく国際運転免許証
  2. 政令で定められた国等(現在、エストニア共和国、スイス連邦、ドイツ連邦共和国、フランス共和国、ベルギー王国、モナコ公国及び台湾の7ヶ国)の外国運転免許証
  3. 日本の運転免許証

 

それぞれのケースについて詳しく見ていきましょう。

 

1. 国際運転免許証で運転する

主な国際運転免許証には「ジュネーブ交通条約」に基づいて交付された国際運転免許証と「ウィーン交通条約」に基づいて交付される国際運転免許証の2種類があります。日本は「ジュネーブ交通条約」にしか加盟していないため、「ジュネーブ交通条約」に基づく国際運転免許証のみ有効です。

 

国外運転免許証が有効な国(「ジュネーブ交通条約」加盟国)

出所:警視庁ホームページ

 

国際運転免許証の運転可能期間

「ジュネーブ交通条約」に基づく国際運転免許証の有効期限1です。基本的には「日本に上陸した日から起算して1年間」と「国際運転免許証の有効期間内(発給日から1年間)」のいずれか短い期間で運転することができます。

 

 

例えば、国際免許証を取得した後、日本に初上陸した場合、上陸日から国際免許証の期限まで運転することができます。

 

 

国際免許証で運転できる期間の例

 

 

住民基本台帳に記録されている外国人は「起算日」に注意

ただし、住民基本台帳に記録されている中長期滞在の外国人の方が国際免許証を使うときには運転できる期間の「起算日」に注意する必要があります。「起算日」とは期間を数えはじめる第一日のことを指します。

 

 

中長期滞在の外国人の方が出国の確認又は再入国の許可を受けて出国し、3か月未満の滞在中に新たな国際運転免許証を取得した後、再び上陸した場合、当該上陸の日(再入国で上陸した日)は国際運転免許証の運転可能期間の起算日になりません(いわゆる「3か月ルール」)。この場合、住民基本台帳に登録する直前の上陸日が起算日となります。

 

 

外国滞在3か月未満で再入国した場合

 

 

 

3か月以上の滞在中に新たな国際運転免許証を取得した場合は、再入国で上陸した日が起算日となり、上陸日から国際免許証の有効期限(発給から1年間)まで運転することできます。

 

 

外国滞在3か月以上で再入国した場合

 

 

日本で国際免許を使えるケース

まとめると、日本で国際免許証を使うことができるケースは下記のような3つのケースがあります。

 

  1. 住民基本台帳に記録されていない者が日本に上陸した場合(短期滞在者等)
  2. 住民基本台帳に記録されている者が日本から出国し、3か月以上外国で滞在した後、再び上陸した場合
  3. 住民基本台帳に記録する前に自国で国際免許証を取得、日本に上陸した者で、日本上陸日から1年が経っていない場合

 

 

国際運転免許証で運転する場合、パスポートと国際運転免許証、両方のご提示が必要となりますので、パスポートを忘れずご用意ください。

 

2. 政令で定められた国等の外国運転免許証で運転する

iStock.com/JPWALLET

 

エストニア、スイス、ドイツ、フランス、ベルギー、モナコ、台湾で発給された運転免許証をお持ちの方は、次の3つの要件を満たしている場合、日本で運転することができます。

 

  1. 政令で定める者が作成した免許証の日本語翻訳文を添付していること
  2. 日本に上陸してから1年を超えていないこと
  3. 道路交通法107条の2に規定するいわゆる「3ヶ月ルール」に抵触していないこと

 

*「政令で定める者」とは:

  • 免許証の発給機関又はその国の在日大使館・領事館等
  • 一般社団法人日本自動車連盟(JAF)
  • 台湾日本関係協会(台湾の免許証の場合)
  • ドイツ自動車連盟(ドイツの免許証の場合)

 

免許証の日本語翻訳文

日本自動車連盟(JAF)で免許証の日本語翻訳文を発行する場合は、支部によって窓口発行、郵送など可能な対応が変わるため、必ず確認するようにしましょう。

 

 

場合によっては発行に最大2週間かかることもありますので、こちらも問い合わせをおすすめします。

 

 

外国運転免許証の日本語翻訳文の発行が可能な支部

 

外国の運転免許所の有効期限

外国の運転免許の場合も基本的には上陸した日から1年間運転が可能になります。では一度外国に滞在し、再度上陸した場合は、その日からまた1年間運転できるのでしょうか?

 

この場合も3カ月ルールがありますので、外国での滞在期間が3カ月以上経過しているかどうかによって「起算日」が変わります。

 

 

外国での滞在期間が3カ月未満の場合は、最初に日本に上陸した日が「起算日」となるため、再入国したとしても「起算日」は変わらず運転不可となります。一方で、3カ月以上外国に滞在した場合、再入国のタイミングが「起算日」となるので、再入国から1年間運転が可能になります。

 

 

外国滞在3か月未満で再び上陸した場合(中長期滞在の方)

 

 

外国滞在3か月以上で再び上陸した場合(中長期滞在の方)

 

 

3. 日本の運転免許証を取得して運転する

iStock.com/FTiare

 

外国人の方が日本の運転免許証を取得する方法には、次の3つの方法があります。

 

 

  1. 通常の運転免許試験を受けて取得
  2. 指定自動車教習所を卒業して運転免許試験の一部免除を受けて取得
  3. 外国免許を有する方が運転免許試験の一部免除を受けて取得

 

 

本記事では3つの方法の中で、外国の免許を持っている方が運転免許試験の一部免除を受け、日本の運転免許を取得する方法について解説します。

 

外国免許を有する方が運転免許試験の一部免除を受けて取得する方法

外国の運転免許証を持っている方は、運転免許センターにて日本の運転免許証への切り替え申請をすることができます。ただし、申請者は①外国の運転免許証が有効であること、②外国の運転免許証を取得した日から通算で3ヶ月以上その国に滞在したことを証明できることという二つの条件を満たしていなければなりません。

 

 

 

申請の要件

  • 申請時に有効な外国の運転免許証を持っていること。
  • 外国の運転免許証を取得後、免許発給国に滞在した期間が通算して3か月(90日)以上であること。

 

 

運転免許証の切り替えの流れ

出所:警視庁ホームページの資料より筆者作成

 

 

必要書類等

  • 外国の運転免許証
  • 外国免許証の日本語翻訳文 (※ 当該国の在日大使館、領事館又は日本自動車連盟が作成したものに限る。)
  • パスポート
  • 本籍(国籍)記載の住民票
  • 在留カード、特別永住者証明書等
  • 申請用写真(縦3cm×横2.4cm)

 

 

*受付の際に必要となる書類の地域によって違うので詳細につきましてはお住まいの地域を管轄する運転免許センターに直接お問合せ下さい。

 

 

手数料

切り替えの際に必要となる書類等、手数料は下記の通りです。

出所:警視庁ホームページ

 

 

適性検査

運転免許を受けて自動車などを運転するために必要となる視力や聴力などの身体の状態を確認するために行われており、視力・聴力・運動能力の試験があります。

 

 

知識の確認

日本国内での基本的な交通ルールについての問題が出題され、10問の中7問できれば合格です。知識確認の問題は、10か国語(日本語、英語、ポルトガル語、スペイン語、中国語、韓国語、ペルシャ語、タイ語、タガログ語、ロシア語)で受けることが可能です。

 

 

技能の確認

試験場内で実際に自動車を運転して行い、交通法規・運転技術・安全に対する意識等がチェックされます。運転ルートが分からなくなった場合を除き、試験中、質問は出来ません。

 

日本で運転する時は必ず免許証が有効かチェック!

国際免許証や外国運転免許証は、日本の免許証に比べ比較的簡単に取得できますが、運転できる期間が限られています。日本の免許証への切り替えの場合、取得は難しいものの運転できる期間が長いため、長期で運転する必要のある方は日本の免許証への切り替えを検討する方が良いでしょう。

 

不明点がある場合は、近くの免許センターなどに問い合わせることが確実です。正しいルールを理解し日本での運転を楽しみましょう。

ページ上部へ戻る