暮らし

外国人が日本でクレジットカードを作るために知っておくべきこと

外国人が日本でクレジットカードを作るのは簡単ではありませんが不可能ではありません。この記事では、日本に住む外国人外国人の方が日本でクレジットカードを発行するために必要な手続きや、審査に通るためのコツなどを詳しくご紹介します。

外国人が日本でクレジットカードを発行する時のポイント

 

日本でクレジットカードの発行ができるのは中長期滞在者のみ

外国人でも日本人でもクレジットカードを申し込む場合は日本の銀行口座が必要です。そして日本の銀行口座を開設するには、中長期滞在者が所有している在留カードが必要です。

 

 

そのため在留カードを持たない短期滞在の外国人は、日本で銀行口座を開設もクレジットカードの発行もできません。

 

 

最低限の日本語能力

クレジットカードの申し込み時には、日本語のフォームを埋めなければいけません。契約書も日本語なので、クレジットカード会社によっては日本語が理解できる方しか申し込みができない場合もあります。

 

 

カード会社によっては英語のフォームや利用規約を用意しているところや多言語対応のサポートセンターもありますが、どこでもそのようなサポートがあるわけではないので、日本語に自信がない外国人の方は友人や職場の人に同席してもらいましょう。

 

 

安定した収入

クレジットカード発行の審査で見られるポイントに安定した収入があります。

 

 

例えば外国人の方でも、技術・人文知識・国際業務ビザの取得をされている方で日本の職場に勤めており、安定した収入がある場合は、銀行口座の開設やクレジットカードの発行も比較的スムーズに進むでしょう。

 

 

安定した収入を証明できる、日本の「給与明細書」や「源泉徴収票」などがあれば、クレジットカード会社に提出することをおすすめします。

 

 

またクレジットカード会社によっては勤続年数に指定がある場合もあるので、事前に確認しておくと手続きがスムーズです。

 

 

留学生も作れるクレジットカード

 

日本のクレジットカードには、「学生専用カード」という学生向けに発行されるクレジットカードがあります。申込みには学生証在留カード、または特別永住者カードが必要です。

 

 

また学生向けのクレジットカードなので収入や職業は関係ありませんが、代わりに年齢制限があるため注意が必要です。18~25歳であればこちらの学生専用のクレジットカードへの申し込みが可能です。

 

 

未成年者の場合は申し込みの時に親の承認が必要なので注意しましょう。

 

 

日本でクレジットカードを申し込む時に必要な書類

 

申請するクレジットカード会社によって異なりますが、すべてのクレジットカード会社で必須になるのが日本の銀行口座と住所です。それ以外にも下記のような書類が求められます。

 

  • 銀行口座
  • 住所 (住民票)
  • 携帯電話か固定電話
  • 在留カード
  • 特別永住者カード (持っている場合)

 

日本に中長期滞在予定の外国人の方も住民票を取得する制度が導入されています。安定した居住地があることもクレジットカードの審査時には重要なポイントになりますので、準備するようにしましょう。

 

 

 

クレジットカードの審査に通らないのは外国人だから?

iStock.com/MicroStockHub

 

外国人だからという理由だけで、クレジットカードの審査に落ちることはありません。審査に通らない理由は実は日本人も外国人も同じです。

 

ではどのような理由で審査に落ちてしまうのでしょうか?下記のようなミスや申請をすると日本人でも外国人でも審査に落ちることがあるようなので、注意しましょう。

 

  • 申込書に記入した情報が間違っていた
  • 同時に複数のクレジットカード会社に申し込んだ
  • キャッシング枠機能を付けて申し込んだ

 

 

申込書に記入する情報は正確に

申込書の記入を間違えた場合、クレジットカード会社が申込みを取り下げることがあります。申込書は間違いがないように記入しましょう。

 

 

同時に複数のクレジットカード会社に申し込まない

クレジットカードに申し込んだ履歴は “個人信用情報機関”に6ヶ月記録が残ります。クレジットカード会社は必ずこのデータベースを見て審査をします。一度に何社も申し込んでいるとお金に困っている?と思われ審査を落とされる可能性があるので注意しましょう。

 

 

クレジットカードにキャッシング枠は付けない

日本にはキャッシングというシステムがあります。こちらの機能を付けるとATMでお金を借りることができます。キャッシング枠をつけるとさらに審査が厳しくなる可能性がありますので、新しくクレジットカードを発行する時はキャッシング枠を付けない方が審査に通りやすくなります。もし機能を付けるとしても、限度額を低く設定する事で審査に通りやすくなります。

 

 

銀行口座がなくても発行できるクレジットカード2選

外国人がクレジットカードを申請するには、銀行口座が必要ということは前にも述べました。しかし、日本で銀行口座を開設するには日本に少なくとも3ヶ月以上滞在している必要があります。

 

 

けれど銀行口座がないけれどクレジットカードを発行したい、短期滞在だけどクレジットカードが必要という方もいると思います。そんな時にクレジットカードの代わりに作成できるカードがあるので詳しくご紹介します。

 

 

バンドルカード

バンドルカードとは株式会社カンムが提供しているサービスです。引き落としではなく、事前にチャージする必要があるため比較的簡単に発行することができます。バンドルカードは基本的にはバーチャルカードですが、申し込みをすることでリアルカードも取得できます。バンドルカードには審査や年齢制限がないので、外国人の方も発行が簡単です。

 

 

Vプリカ

ネット専用VISAプリペイドカード Vプリカとは株式会社ライフカードが提供しているサービスです。機能的にはほぼバンドルカードと同じです。

 

 

バンドルカードとVプリカの違い

非常に似ている2つのカードですが、一部違う機能もあるため注意が必要です。自分の欲しい機能をよく検討して選びましょう。ほとんど違いのない2つのカードですが、本物のクレジットカードのようにお店で使用したい場合はバンドルカードを選ぶと良いですね。

 

登録の仕方

  • バンドルカード:専用アプリから登録
  • Vプリカ:ウェブサイトから登録

 

 

リアルカードの有無

  • バンドルカード:リアルカードの発行が可能
  • Vプリカ:リアルカードサービスなし

 

*バーチャルカードとリアルカードの違い:“バーチャルカード” はスマホアプリで使えるデジタルカードです。チャージを行い、オンラインショッピングを楽しむことができます。“リアルカード”は他のクレジットカードと同じように、カードそのものを使って外で買い物をする時に使えます。

 

 

チャージの仕方

  • バンドルカード:クレジットカード、コンビニ、ドコモの支払い、ビットコイン、ATM、ネットバンキング
  • Vプリカ:クレジットカードまたはネットバンキング

 

 

日本に住んでいる外国人向けのクレジットカード

 

3ヶ月以上日本に滞在し、安定した仕事と収入を得ている場合は、日本国内の銀行口座(過去3ヶ月間日本に滞在)を開設し、プリペイドクレジットカード以外のクレジットカードを申請することができます。

 

 

外国人向けのクレジットカードには複数のオプションから選ぶことができます。今回は外国人の方でも審査が通りやすい、手数料がそれほどかからないという目線で「日本に住む外国人の方におススメしたいクレジットカード」をご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

  1. 楽天カード
  2. セゾンカードインターナショナルスクール
  3. アメリカンエキスプレス ゴールドカード
  4. EPOS カード
  5. セディナカードJiyu!da!

 

 

楽天カード

楽天カードは発行から約1週間で受け取ることができます。年会費が無料で、外国人でも発行しやすいためおすすめ。ポイント還元率は1.0%~。

 

 

楽天は日本で最大規模のネット通販 “楽天市場”を作り上げた会社です。楽天カードで買い物をすれば楽天ポイントを受け取ることができます。

 

 

セゾンカードインターナショナルスクール

セゾンカードインターナショナルスクールは発行から取得までとても早いためおススメです。通常はお申し込み後30分以内に「受付完了メール」が届きます。

 

メールが届いたら、セゾンカウンターでカードの受け取りが可能です。こちらも年会費は無料で、ポイント還元率は0.5%~。

 

 

アメリカンエキスプレス ゴールドカード

アメリカンエキスプレス ゴールドカードは年会費が31,320円ですがコンシェルジェ、旅行者保険、(FFP Frequent Flyer Program)マイレージポイントが溜まります。

 

 

日本でクレジットカードを申し込む場合、申込書を理解し、サインするために日本の読み書きが必要です。アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、英語のカスタマーサポートがあるので外国人でも安心して申し込みができます。

 

グローバルカードなので、母国でAMEXを使用したことがある場合は審査に通りやすくなるという意味でもおすすめです。

 

 

EPOS カード

EPOS カードは発行から取得までが非常に速いためおススメです。最短でその日のうちに発行ができます。日本全国にあるマルイストアまたはウェブからの手続きが可能です。年会費は無料で、ポイント還元率は0.5%~。

 

 

セディナカードJiyu!da!

セディナカードJiyu!da!はリボ払いのカードです。年会費は無料で、ポイント還元率は0.5%~。

 

 

手続きを間違えなければ外国人でもクレジットカード発行はできる!

iStock.com/jacoblund

 

外国人が日本でクレジットカードを発行するのは難しいといわれることが多いですが、決して不可能ではありません。日本には外国人の方でも在留資格と安定した収入があれば発行できるクレジットカードが複数あり、審査内容も日本人と外国人で大きな変わりはありません。この記事が日本でクレジットカードを申し込むときの参考になれば幸いです。

 

 

 

ページ上部へ戻る