お仕事

外国人が日本で先生になりたいと思ったら。まずは「教育ビザ」を取得しよう【要件や必要な書類】

外国人が日本の小学校や中学校で先生になりたいと思ったら、まずは「教育ビザ」の取得が必要です。「教育ビザ」ってそもそもどんなビザなの?誰でも取得できるの?調べてみたけど難しくてわからない!という外国人にむけて、実際に申請するときの注意点や必要な書類についてわかりやすく解説します。

教育ビザとは

iStock.com/Wavebreakmedia

 

教育ビザとは日本の教育期間で働きたい外国人が取得する就労ビザのひとつです。この教育ビザを取得することで以下のような日本の教育機関で英語などの語学教育やそのほかの教育活動をすることが出来ます。

 

 

  • 小学校
  • 中学校
  • 中等教育学校
  • 特別支援学校
  • 専修学校
  • そのほか(各種学校若しくは設備及び編成に関してこれに準ずる教育機関)

 

 

日本の学校で英語の先生として働いてみたいと考えている外国人の方は、この「教育ビザ」を取得しましょう。

 

もちろん「教育ビザ」は語学だけでなく、体育や算数・数学などを教えたいと考えている場合にも取得する必要があります。

 

教育ビザと教授ビザの違い

 

就労ビザには「教育ビザ」と似ている「教授ビザ」という種類のビザもあるので注意が必要です。大学や大学院、短期大学などでの教育活動や研究活動を行うためには、教育ビザではなく「教授ビザ」を取得するようにしましょう。

 

教育ビザを取得できるのはどんな人?必要な資格はある?

iStock.com/vadimguzhva

 

では、教育ビザを取得するにはどのような要件を満たす必要があるのでしょうか?

 

申請人が各種学校若しくは設備及び編制に関してこれに準ずる教育機関において教育をする活動に従事する場合又はこれら以外の教育機関において教員以外の職について教育をする活動に従事する場合は、次のいずれにも該当していること。ただし、申請人が各種学校又は設備及び編制に関してこれに準ずる教育機関であって、法別表第一の一の表の外交若しくは公用の在留資格又は四の表の家族滞在の在留資格をもって在留する子女に対して、初等教育又は中等教育を外国語により施すことを目的として設立された教育機関において教育をする活動に従事する場合は、イに該当すること。

 

 

イ 次のいずれかに該当していること。

  1. 大学を卒業し、又はこれと同等以上の教育を受けたこと。
  2. 行おうとする教育に必要な技術又は知識に係る科目を専攻して本邦の専修学校の専門課程を修了(当該修了に関し法務大臣が告示をもって定める要件に該当する場合に限る。)したこと。
  3. 行おうとする教育に係る免許を有していること。

 

 

ロ 外国語の教育をしようとする場合は当該外国語により十二年以上の教育を受けていること、それ以外の科目の教育をしようとする場合は教育機関において当該科目の教育について五年以上従事した実務経験を有していること。

 

(参照:教育ビザを取得するための条件)

 

非常にわかりにくく感じると思うので、一つずつかみ砕いて説明していきます。

 

 

(あくまで理解しやすいようにかみ砕いた説明になっているので、参考程度にしてください。実際に申請する時は必ず専門家に相談するようにしましょう)

 

基本的な要件

学校などの教育機関で先生をする場合下記の3つのすべての条件を満たしている必要があります。

 

 

  • 大学を卒業していること(日本・海外どちらでも大丈夫)
  • 教える科目について日本の専修学校の専門課程を卒業していること
  • 教える科目の教員免許を持っていること(日本・海外どちらでも大丈夫)

 

 

教える内容によって変わる要件

また、上の条件に加えて教える内容によって要件が変わるので注意が必要です。

 

 

言語の教育をする場合:

  • 教える言語での教育を12年以上受けていること(例えば英語の先生になるには、英語で12年以上の教育を受けている必要があります。)

 

 

外国語以外の教育をする場合:

  • 教える内容について、実際に5年以上の教育をした実務経験があること(例えば体育を教えたいとおもっているのなら、実際に5年以上体育の先生として生徒の指導をした経験が必要になります。)

 

インターナショナルスクールなどで先生をする場合

インターナショナルスクールで先生をする場合は、1. 基本的な要件(大学の卒業、教える科目の専門課程の修了、教員免許)のみを満たせば大丈夫です。

 

教育ビザの申請に必要な書類

 

基本的には下記の書類を提出する必要があります。勤務形態などによって、必要な資料は変わりますので、正確には下記の法務省のページを参考にしましょう。

出典:法務省 教育

 

 

共通で提出する書類

1.在留資格変更許可申請書 1通

 

※地方出入国在留管理官署において,用紙を用意しています。また,法務省のホームページから取得することもできます。

参考:在留資格変更許可申請書

 

 

2.写真(縦4cm×横3cm) 1葉

 

※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

※写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。

 

参考:証明写真の撮り方をくわしく説明

 

 

3.パスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) 提示

 

日本で先生をするには「教育ビザ」

iStock.com/recep-bg

日本の就労ビザの種類は様々ですが、先生になりたいと思ったら取得しなければいけないのは「教育ビザ」です。

 

実際の申請方法や手続きなどわかりにくいと思ったときには専門家や転職エージェント、入国管理局に問い合わせることをお勧めします。

ページ上部へ戻る