面接アドバイス

転職理由の答え方のポイントは「一貫性を持たせて答える」こと

転職理由を問う質問は、面接で必ず聞かれます。どのように答えら良いか迷うこともあるのではないでしょうか。転職理由は「会社を辞めた理由」「転職して実現したいこと」の二つを、一貫性を持たせて答えるのがポイントです。

転職理由を聞かれるワケ

iStock.com/takasuu

 

面接官は、転職理由を聞いて「転職を考えた理由と同じ状況になったときに退職するリスク」と、「仕事への考え方」を判断しています。

「会社を辞めるきっかけ」を知りたい。

応募先企業にとって「応募者がどんな状況で転職を決意したか」というのはとても重要です。転職理由を聞くことで「応募者が入社後に同じ状況になったときに退職する可能性」「自社で勤務するにあたっての相性」「応募者が入社したあと、今回退職を決めた理由と同じ状況になる可能性」を判断しています。「なぜ転職を決めたか」という質問は、入社後のマッチングを図れるかどうか、応募者が入社後に活躍できそうかどうかを判断するための質問なのです。

「仕事において大事にしていること」を知りたい

たとえば「多くのことができるようになりたい」「頼られるとやりがいを感じる」「プライベートを大事にしたい」など、仕事への考え方は人それぞれ。このため面接官は、「応募者が何を大事にして仕事をしているか」を聞き、入社後に個人が大事にしたいことが実現可能かどうかを判断しています。

「転職してやりたいこと」「応募先企業で実現できると思った理由」を確認する

転職理由には「会社を辞めた理由(退職理由)」「転職で実現したいこと(志望動機)」の2つの内容を含みます。転職理由を聞くことで、面接官は応募者が転職して実現したいことと、応募職種のミスマッチはないかを確認しています。

 

また、面接官は転職先に自社を選んだ理由をも確認するため、「あまりよく調べずに多くの企業に応募していないかどうか」、「待遇面だけではなく、理念や事業内容含めた企業研究を十分に行なっているか」ということも判断しています。

 

転職理由は「退職理由」と「志望動機」で答える

iStock.com/gustavofrazao

 

転職理由には大きく分けて「退職理由」「志望動機」2つの内容が含まれます。この2つを一貫性をもって答えられるかどうかが判断されるポイントとなります。

転職したい理由を言語化する

まずは、退職理由を言語化しましょう。「残業が多い」「上司とうまくいかない」「昇給できない」「やりたいことが違った」など、何でも構いません。続いて、転職してどうなりたいかと、転職先に何を求めるかを考えていきます。「残業はしたくない」「自分の意見を否定しない職場がいい」「新しいことにチャレンジできる職場がいい」「~~の技術を身につけたい」など、こちらも何でも構いません。転職してどうなりたいかと、転職先に求めるものは、具体的であればあるほど志望動機に繋がりやすくなります。

退職理由は、「どうしたいと考えているか」を伝える

先ほど考えた退職理由を、どうしたいのかまで考えてみましょう。退職理由としてよくあげられるのは「残業が多い」「上司とうまくいかない(人間関係)」「昇給できない」「やりたいことが違った」という内容。そのまま伝えると、面接官に「同じ状況になったときに転職してしまうのではないか」という印象を与えてしまいます。このため、「どうなりたいのか」まできちんと伝えることが大切です。

 

たとえば

・残業が多い      → 限られた時間のなかで効率的に成果を出していきたい

・人間関係       → 互いに意見を尊重し合える企業に貢献したい

・昇給できない     → 正当に自分の成果が評価される企業に貢献したい

・やりたいことが違った → 自分の経験や技術を活かしながら、~~の分野での技術を伸ばしていきたい

 

といった具合です。「どうしたい」まで伝えることにより、面接官は「応募者が仕事において大事にしていること」を知ることができます。

 

それぞれ、どうしてそう思ったのか聞かれることもあるので、具体的な数字や事実、根拠などを交えながら、第三者が聞いても納得いくような理由を話せるように準備しておきましょう。

志望動機は、「転職して実現したいこと」「応募先企業で実現可能だと考えた理由」の2点を伝える

「転職して実現したいこと」は、退職理由に紐づけて言語化しましょう。転職理由を聞く際、退職理由と志望動機の一貫性も確認されているので、この2つに矛盾がないようにするとよいでしょう。たとえば「~~のような理由で転職を考え、御社でなら……が実現できると思いました」といった具合です。

 

日本にある企業の多くは、理念や事業内容に共感できる人達を採用したいと考えているため、面接では「応募先企業で魅力に感じた点とその理由」を必ず確認し、応募者の入社意欲と、入社前にどれだけ応募先企業のことを調べているかというチェックを行なっています。面接前の準備で理念や事業内容を調べ、それらと絡めて「応募先企業でやりたいことが実現可能だと思った理由」と、応募したポジションならどのように貢献できるかを言語化することが大切です。

 

答えるときに気を付けたいポイント

iStock.com/tadamichi

 

退職理由と志望動機に一貫性を持たせる

退職理由と入社後に実現したいことの一貫性がないとき、面接官は応募者の意欲を感じにくくなることがあります。このため、退職理由と志望動機は繋げて考えるようにしましょう。

嘘をつかない

面接官は、応募者が嘘をついていることはすぐにわかります。面接官は、応募者が前職に不満を持っていることは分かっていますので、転職理由は嘘をつかずに答えましょう。ただし、「だからどうしたいと思った」ということも忘れずに伝えてください。

伝えないことを決める

前職の愚痴は言わないようにしましょう。ネガティブな言葉は、面接官に良い印象を持ってもらいにくくなります。また、応募先企業でも考えられる状況を転職理由としてストレートに答えるのもあまり印象の良いものではありません。

 

転職理由はマッチングできるかどうかを確認するための質問。退職理由と志望動機の一貫性をもたせることが大切

iStock.com/metamorworks

 

転職理由は、面接官が応募者と自社のマッチングを図り、応募者が面接官に自分の意欲を伝えるために必要な質問です。退職理由をストレートに言いにくい場合は、言い換えて答えて問題ありません。日本語は多少間違えても大丈夫です。退職理由と転職理由を、一貫性をもって答えられるように準備していきましょう。

 

ページ上部へ戻る