転職アドバイス

日本での転職活動がうまくいかないときの対処法

日本で転職活動をしているとき、思うように進まなかったり、うまくいかないと感じたときのアドバイス。うまくいかないからと言って一人で悩むよりも、転職エージェントや友人に話を聞いてもら方が、転職活動の軸が整理しやすくなります。日本での転職活動中に外国人がぶつかりやすい壁と、その対処法を記載しました。

過去の転職活動を振り返り、課題を見つける

iStock.com/fizkes

 

書類選考が通らない、面接が通らないなど、うまくいかないポイントは人それぞれ。まずは自分がどこでつまづいているのか、なぜうまくいかないのかを考えてみましょう。転職活動でぶつかりやすい課題と、その解決方法をご紹介します。

自己アピールのポイントがズレている

企業が求めるスキルを理解していないことと、自己分析が甘いことが理由です。企業が求めるスキルを理解していないと、求められている自分の能力を正しくアピールするのは難しいでしょう。応募時点で、募集要項や募集背景を読み込み、「企業が求めている人材やスキル」「求められているスキルに対して、自分が生かせる能力」を改めて整理する必要があります。

応募先を絞りすぎている

書類選考を受ける企業が極端に少ない場合、面接まで進みにくかったり、内定が出にくかったりする傾向があります。応募先企業を絞りすぎず、事業内容・職務内容に興味を持った企業は応募してみるのが吉。応募前にあまり気乗りしなかったとしても、話を聞いてみると気持ちが変わることがあるかもしれません。書類を出すのは少しハードルが高いと感じた場合、最近は「カジュアル面談」と称して、選考関係なくお互いのことを知ることを目的とした面談を実施している企業もありますので、カジュアル面談に足を運んでみるのもおすすめです。

書類や面接で意欲を伝えられていない

「日本語を間違えてはいけない」ということばかりに意識を向けてしまい、応募先企業に熱意が伝わりにくくなってしまっているかもしれません。たとえば履歴書の志望動機。綺麗な文章を書こうとするあまり、Web上でよくあるような文章をそのまま記載してしまっているということはありませんか。Web上の文章は確かに綺麗な日本語ですが、どの企業にも当てはまることしか書いていないことが多いため、あなたの意欲が伝わりにくくなってしまいます。

 

また、面接では「うまく話さないといけない」という気持ちが先行してしまい、熱意が伝わっていなかったかもしれません。選考は、コミュニケーションの取り方や、持ち合わせているスキル、将来をどのように考えているかなどもあわせて判断されます。書類でも面接でも、正しい日本語を使うことに意識を向けすぎずに、応募にあたり魅力に感じた点や意欲を、あなたの言葉で相手に伝えるようにしましょう。

 

日本の転職活動で外国人が苦戦しやすいポイント

iStock.com/DNY59

 

履歴書や職務経歴書など、必要書類の書き方がわからない

日本独特の項目も多い履歴書や職務経歴書。一人での作成が難しい場合は、ハローワークや転職エージェントを利用するのがおすすめ。面談を行ない、あなたのスキルや経験、転職活動で大切にしたいことを確認してからサポートしてくれますし、あなたにあった求人も紹介してもらえるので一石二鳥です。

転職活動の時期がわからない

中途採用は、いつからいつまでと決められた転職期間が設けられているわけではありません。一般的に転職活動にかかる時期は3~6カ月だと言われていますが、それ以上かかる場合もあります。日本での転職に伴い、在留資格の変更などに時間がかかることもありますので、在職中に余裕を持って転職活動を終えるようにしましょう。尚、離職から3カ月たつと就労ビザが取り消されてしまうこともありますので、転職活動の期間は注意が必要です。

 

転職活動がうまくいかないときの対処法

iStock.com/Fokusiert

 

転職活動の軸を改めて整理する

転職活動がうまくいかないと転職への意欲が低くなってしまったり、転職自体を諦めそうになったりします。そんなときは、「転職して実現したいことと、その理由」を再確認し、どのような職場環境で勤務する必要があるのかを改めて考えましょう。そして、実現するためにはどのような軸で転職活動を進めたらよいのか、一度整理します。今までと同じようなやり方で転職活動を進めても、同じことの繰り返しになってしまいますので、給与や働き方、仕事内容など、多くの観点から「本当にやりたいこと」「譲れないこと」を明確にすると同時に、「妥協できること」も考えると、転職の軸を広げていくことができるでしょう。

日本語能力検定を取得する

日本で働くにあたり「ビジネスレベルの日本語が使えるかどうか」は、採用基準の一つです。難しい資格ではありますが、「日本語能力検定」のN1、もしくはN2を取得できていると心強いでしょう。

外国人のための就職支援サービスを利用する

日本には、外国人専門の転職サービスが複数展開しています。転職活動中は一人で悩んでしまいがちですが、求人サイトや転職エージェント、公的機関などを積極的に利用して、ほかの人のサポートを得るようにしましょう。

 

【転職サイト】

総合求人サイトや、外国人の採用に特化した求人サイトなど、いろいろなサイトがあります。職種や勤務地で検索して探すことができますし、一度に多くの求人への応募が可能です。

 

【転職エージェント】

外国人の就業サポートに特化したサービスもありますし、ハイクラス求人に特化したサービスもあります。転職エージェントはあなたのスキルや経験にあう求人を紹介してくれるサービスなので、どの転職エージェントがあうか、一度面談を受けてみるのもおすすめです。

 

【外国人雇用サービスセンター】

外国人の就業サポートを専門に行なう、厚生労働省が管かつする公的機関です。東京、名古屋、大阪にあります。福岡では「福岡学生職業センター」の利用が可能です。

就労ビザの種類を変更する

やりたいと思っている職種が自分が保持している在留資格以外の職種の場合は、就労ビザの種類を変更するのも選択肢の一つになります。ただし、在留資格の変更が認められるためにはいくつか条件があり、申請・付与には時間がかかりますので、変更する場合は早めの対応をおすすめします。

人と会って話す

古くからの友人など、自分をよく知っている人に自分の性格や長所、短所を聞いてみると、何かヒントが見つかるかもしれません。また、転職活動とは関係ない話で盛り上がることでリフレッシュするのも良いでしょう。

 

転職をして実現したいことのイメージをもち、周りの人に相談しよう

iStock.com/Rawpixel

 

転職して変えたいことや、実現したいことのイメージをもち、そこに向かって何をしたらよいか、一度整理してみることが大切です。友人や家族、転職エージェントなど、あなたの力になってくれる人や味方になってくれる人はたくさんいるはず。転職活動は、考えることも多く一人で悩みがちになります。一人で考え込んでしまうと必要以上に落ち込むこともあるので、うまくいかなかったり、転職活動が辛いと感じたら周りの人に頼りながら進めていきましょう。

 

 

ページ上部へ戻る