転職アドバイス

転職を迷ったときに考えたいこと~判断基準、転職のリスクと準備~

転職したいと思ったら、まずは転職したい理由を考えてみましょう。転職はリスクを伴うため、転職しないほうが良い場合もあります。直近で転職する・しないにかかわらず、自己分析や市場価値を知っておくことも、今後のキャリアを考えるうえで大切になります。

なぜ転職を悩むのか

iStock.com/Deagreez

転職を考えたきっかけ

転職を迷うとき、次の理由で悩む人がほとんどです。

 

・給与が安い

・人間関係に疲れた

・仕事内容(売上ノルマがキツイ、単純作業ばかりでつまらない、スキルが身につかないなど)

・労働時間が長い

・社風にあわない

転職を迷ったら、理由を考えてみる

「なんとなく職場を変えたい」という気持ちでは、「自分が居心地が良いと感じる職場」を探して転職を繰り返す可能性もあります。今の職場の不満や、これからやってみたいと思っていることを書き出してみましょう。

転職しない方がいいときもある

iStock.com/Kangah

 

転職活動は、次に何をしたいかを決められるかどうかが重要。場合によっては転職しない方がいいときもあります。

やりたいことが明確ではないとき

「今の仕事に向いているかわからない」「つまらないから環境を変えたい」など、転職して何をしたいか決まっていないときは転職活動が長引く傾向があります。

 

「向いているかわからない」ときは、自分の得意・不得意の把握からはじめましょう。頑張ったと思っているのに評価されないことが多い場合は、周囲の期待に応えられていないので適性を考える必要がありそうです。一方、あまり力を入れていないのに評価された場合は、好き嫌いは抜きにしてその仕事は得意・向いている仕事であると言えます。

 

「仕事がつまらない」という場合は、どんな仕事なら自分が面白いと感じるのかを考えましょう。考えてもワクワクする仕事がない場合は、現職にとどまるのも一つの手段です。

やりたいことがあいまいなときに転職をすすめない理由

転職活動は、体力・お金・心の余裕が必要です。いろいろと悩むこともあるでしょう。

 

入社したいと思った企業からお断りされたり、志望度があまり高くない企業から熱烈なオファーを受けたりして迷いも出てきます。

 

やりたいことが明確でないと、面接の数ばかり増えて転職活動が長期化してしまいます。こうなると時間もお金も体力も無駄にしてしまいますので、転職活動は「会社を変えてやりたいこと・実現したいこと」を明確にしてからはじめましょう。

自分の在留資格で勤務できる職種、雇用形態かどうか確認する

在留資格によって就業できる職種が限られているので、都度確認が必要です。

転職するかどうかの判断基準

iStock.com/Eoneren

 

次の項目を判断基準のひとつとして考えてみましょう。

現職で勤務を続けて、能力が伸びるか

数年後まで今の会社で勤務を続けた場合、あなたの能力は伸びていそうですか?キャリアは役職だけを指すものではありませんが、万が一、数年後に転職を考えたとき、有利になる経験やスキルは身についているでしょうか。現在の仕事を続けても新しい能力は身につけられない可能性が高いのなら、どうすべきか考えておきたいところです。

職場に相談できる人がいるか

仕事で何かあったときに相談できる人がいるかというのも、判断基準のひとつです。業務にかかわることではなくても、雑談をできる人がいれば何かあったときに安心できます。一方で、あなたのことを理解してくれる人がいないか、極端に少ない場合は職場を変えるのもひとつの手段です。

仕事が嫌ではないか

嫌だと感じたり、つらいと感じたりするのは一時的なものなのか考えてみましょう。繁忙期であれば業務量が増えるのは当然のことですし、それが長期間続くとは考えにくいですよね。いっときの感情で転職を決断するのはリスクを伴います。転職を迷っているうちに仕事が軌道にのってきた、ということもあるので、一度冷静になって考えましょう。

 

ただし「作業(業務内容)が向いていないと感じる」「人間関係がうまくいかずに長期間にわたり仕事がしにくい」など、理由が明確な場合は、この限りではありません。

転職のリスク

iStock.com/Serdarbayraktar

 

転職活動を始める前に、転職に伴うリスクを知っておきましょう。

具体的なリスク

・離職中はローン審査が通りにくい

 

一定の収入が確保できない離職中に家を借りたり、車を買ったりするときに審査が通らないことがあるかもしれません。

 

・年収アップできない

 

転職したからと言って、必ず年収を上げられるというわけではありません。転職先で福利厚生制度を十分に受けられないこともありますから、生活への影響は慎重に考えるべきです。

転職に悩むときにやっておきたいこと

iStock.com/phongphan5922

 

転職するか、現職に留まるか。すぐに決断できなくても自分のことを知っておくと今後のキャリアに役立ちます。

自分の適性を知る

おおまかには、次の3つを知っておくということです。

 

1、嬉しさを感じるとき

「スケジュール通りにプロジェクトを進められたとき」「売上を達成したとき」「仕事でほめられたとき」など、人によって嬉しいと感じる場面はさまざま。自分がどういうときに嬉しさを感じるか、書き出してみましょう。

 

2、つらさを感じるとき

格好悪いなどと思わず、「朝早いのがつらい」「残業がつらい」「人間関係がうまくいかないとき」「仕事で失敗したとき」など、何でも書き出しましょう。

 

3、楽しかったこと、またやりたいと思ったこと

「設計書がばっちりはまった」「取引先に頼りにされた」など、仕事をしていて楽しいと感じたときや、またやりたいと思ったことを書き出します。

これらを知ることは、転職活動を本格的に始めるときのヒントになります。

自分の市場価値を知る

やりたいことが明確でなくても、今の自分の技術や知識レベルを振り返りましょう。そうすることで、やりたいことが明確になったときに、次に何をしたらよいかの指標を見つけやすくなります。

企業の情報を集める

ぼんやりと「名前だけ知っている」「なんとなく気になる」というものがある場合は、採用情報ページなどの情報を控えておきましょう。転職サイトを眺めてたり、エージェントに相談したり、ハローワークに行ったりするのもよいでしょう。

パートナーに転職の可能性を伝えておく

転職活動には「いつまで」と決められた期間はありません。2~3カ月で内定に至る場合や、半年~1年、それ以上かかることもあります。転職活動はパートナーに金銭面などで負担がかかることもあるかもしれません。パートナーがいる場合は、転職活動を始める前に理解を求めておくことが大切です。

転職を迷ったら、やりたいこと、やりたくないことを考える

iStock.com/MarkPiovesan

 

転職を迷ったら、気になることを書き出してみましょう。すぐに転職活動を始めなくても、次の転職先を選ぶポイントになります。転職活動は、今あなたが考えている以上にお金と体力と時間がかかるもの。自己分析や市場価値を考えたうえで、本当に転職すべきかどうか考えましょう。

 

ページ上部へ戻る