転職アドバイス

外国人が転職したいと思ったらはじめに考えること

今の年収が低すぎて満足できない、キャリアを考えたら今の会社で続けていいのか、職場の人間関係がうまくいかない・・・転職を考えだすきっかけは色々とあると思います。 しかし転職は常にリスクを伴うため、慎重な判断が必要です。 直近で転職する・しないにかかわらず、「転職」という選択肢が頭に浮かんだときは、はじめに自身の市場価値を知ること、そして自己分析をしてみましょう。

なぜ転職するのか考える

iStock.com/BartekSzewczyk

 

そもそも転職したいと思ったきっかけは何か?その理由を考えてみましょう。

 

日本で働きたいと思ったきっかけを振り返る

既に日本で働いている外国人の方も、まず日本で働こうと決めたきっかけがあるはずです。転職の理由を考えてみる前に、なぜ日本で働くことになったのか、その理由を振り返ってみましょう。

 

 

ある人は母国での仕事の条件や環境などに満足していなかった場合は、日本に職場を移すことで、その環境が大きく改善されることを期待していたかもしれませんね。または日本の文化や言語など仕事とは別の部分に魅力を感じ、日本に住むために、日本での仕事を探したかもしれません。

 

 

他にも様々な理由があって、いま日本で働いているのだと思います。

 

 

  • 母国での労働環境に満足していない(給与や労働時間など)
  • 日本の制度に魅力を感じている(保険制度など)
  • 親戚や婚約者が日本にいる
  • 日本語ができるので語学スキルを活かしたい
  • 日本が好きなので日本で仕事をしてみたい
  • 母国以外の国でグローバルに活躍したい

 

 

日本に来たことで、自分が成し遂げたかったことは実現できているでしょうか?振り返ってみると新しい気づきがあるはずです。

 

 

では、日本にきたきっかけを思い出したところで、次に転職したいと思っている理由を考えてみましょう。

 

 

日本で働く外国人が日本国内で転職を考えるきっかけ

日本で働いて数年たって、自分の生活も仕事も落ち着いてきた。そんな時に、日本国内で転職を考えるきっかけにはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

自分の環境の変化

  • 働く場所を変える必要がある
  • ライフステージが変わった

 

 

今の会社への不満

  • 社風があわない
  • 労働環境に不満がある
  • 仕事内容に納得できない
  • 給料に満足できない
  • 人間関係に疲れた

 

 

スキルアップ/年収アップ

  • スキル・キャリアアップしたい
  • 年収を上げたい
  • 別の職種や業界に挑戦した
  • 雇用形態を変えたい(アルバイトから正社員など)

 

 

日本ではじめて勤務した仕事先が思ったのと違うというケースはよくあるようで、事前に調べていたとしても日本企業の社風がまったく合わなかった、人間関係がうまくいかなかったなどという悩みを持つ人も多くいるようです。

 

 

一度日本企業で勤めているので、転職したとしても日本で働くこと自体に大きなギャップを感じる事は避けられるかもしれませんが、それでも初めての転職となれば慎重に進めたいですよね。

 

 

日本での転職を迷ったら、理由を考えてみる

日本で働くことには慣れていたとしても、転職には大きな変化が伴います。「なんとなく職場を変えたい」「とりあえず日本で働いてみたい」という気持ちで、中途半端に転職を決めてしまうと、大きな変化があったときに自分の軸がないため、転職を後悔してしまう場合もあります。

 

 

そのため転職で後悔しないためにも、あえて日本で転職する理由や、国内で転職する時には何がきっかけになったのか、今の不満やこれからやってみたいと思っていることを今一度時間をかけて書き出してみましょう。

 

 

転職しない方がいいときもある

 

iStock.com/Kangah

 

転職活動には様々なリスクが伴います。時と場合によっては転職をしないほうが良いケースもあります。

 

 

やりたいことが明確ではないとき

日本ですでに働いている人で、別の企業への転職を考えている場合、やりたいことが明確でないまま転職をすると後悔につながる可能性があります。

 

 

「今の仕事に向いているかわからない」「つまらないから環境を変えたい」など、転職して何をしたいか決まっていないときは転職活動が長引く傾向があります。

 

 

「向いているかわからない」ときは、自分の得意・不得意の把握からはじめましょう。頑張ったと思っているのに評価されないことが多い場合は、周囲の期待に応えられていないので適性を考える必要がありそうです。一方、あまり力を入れていないのに評価された場合は、好き嫌いは抜きにしてその仕事は得意・向いている仕事であると言えます。

 

 

「仕事がつまらない」という場合は、どんな仕事なら自分が面白いと感じるのかを考えましょう。考えてもワクワクする仕事がない場合は、現職にとどまるのも一つの手段です。

 

 

やりたいことがあいまいなときに転職をすすめない理由

転職活動は、体力・お金・心の余裕が必要です。いろいろと悩むこともあるでしょう。入社したいと思った企業からお断りされたり、志望度があまり高くない企業から熱烈なオファーを受けたりして迷いも出てきます。

 

 

外国人の場合は就労ビザの変更の手続きや入国管理局への届け出など様々な手続きも発生します。

 

 

一度日本で働いた経験のある人であれば、日本で働くこと自体にギャップを感じることはあまりないかもしれませんが、それゆえに「やりたいことが曖昧」な状態で転職してしまうと、また同じような会社に入社してしまったり、違う不満が出てきてしまったりと満足のいく結果を得られない場合があります。

 

 

やりたいことが明確でない状況で転職活動を始めてしまうと、面接の数ばかり増えて転職活動が長期化することも。こうなると時間もお金も体力も無駄にしてしまいますので、転職活動は「会社を変えてやりたいこと・実現したいこと」を明確にしてからはじめましょう。

 

 

日本で転職するべきか否か?判断基準は

iStock.com/Eoneren

 

日本で転職するべきか迷ったときは、次の項目を判断基準のひとつとして考えてみましょう。

 

 

自分の在留資格で勤務できる職種、雇用形態かどうか確認する

まずは、外国籍の方が日本で働く場合在留資格によって就業できる職種が限られているので、都度確認が必要です。

 

 

どんなに日本で働きたい仕事が見つかったとしても、就労ビザ(在留資格)が取得できなければ、希望職種で働くことはできません。各在留資格の取得条件や、資格切り替えのタイミングなどを確認して転職を進める必要があります。

 

 

希望の転職ができるスキルや能力、経験があるか

すでに日本で就労経験のある方であればあまり問題ないかもしれませんが、日本で外国人が働くときに求められるスキルの一つに「日本語能力」があります。

 

 

外国人を企業に受け入れる時に、社内コミュニケーションが円滑にとれるかどうかは非常に重要なポイントで、そのため受入の条件を「日本語能力検定試験」のN2, N1取得者などに限定している会社もあります。

 

 

すでに日本企業で働いていて、国内で転職を考えている場合でも企業によって求める「日本語能力」のレベルには差があるので、希望の転職をするときに必要な「日本語能力」があるかどうかも一つの判断基準となります。

 

 

情報収集ができるか、転職のサポーターがいるか

日本以外に住んでいて、日本の仕事を探す場合、自身でしっかりと情報収集ができるかどうかも重要な判断基準のひとつです。

 

 

求人情報はもちろん、在留資格の取得や転職に伴うあらゆる手続きを面倒くさいと思わずにしっかりと情報収集できるかどうか。また必要な時にサポーターの助けを得られるかどうかも重要です。はじめから他人に頼ってしまうのは考えものですが、最終的には専門家にサポートを求めて必要な情報を得るのも大切なスキルの一つです。

 

 

今の仕事を辞めて後悔はないか

また、現職の職場を辞めて後悔がないかどうかを考えることも大切です。

 

 

今の仕事に不満がある場合も、転職以外の方法で解決できないか検討することも大切です。不満に隠れて見えていないメリットはないでしょうか?周りに相談してみると、実は不満に思っていた面も他の企業より恵まれていたというケースもあるので、自分一人だけで判断してしまうのは避けましょう。

 

 

一方で現在の仕事を続けても新しい能力は身につけられない可能性が高いのなら、転職を真剣に考えておきたいところです。数年後まで今の会社で勤務を続けた場合、あなたの能力は伸びていそうですか?キャリアは役職だけを指すものではありませんが、万が一、数年後に転職を考えたとき、有利になる経験やスキルは身についているでしょうか。もし今の仕事を続けることがキャリア形成のプラスになっていない場合は転職もひとつの手段です。

 

 

いまの職場に相談できる人がいるか

仕事で何かあったときに相談できる人がいるかというのも、判断基準のひとつです。業務にかかわることではなくても、雑談をできる人がいれば何かあったときに安心できます。一方で、あなたのことを理解してくれる人がいないか、極端に少ない場合は職場を変えるのもひとつの手段です。

 

 

一時的な転職熱ではないか

転職のきっかけになりやすい職場への不満。仕事が嫌だと感じたり、つらいと感じたりするのは一時的な感情という場合もあります。

 

 

例えば仕事が忙しすぎてつらいと感じている場合、繁忙期であれば業務量が増えるのは当然のことですし、それが長期間続くとは考えにくいですよね。いっときの感情で転職を決断するのはリスクを伴います。転職を迷っているうちに仕事が軌道にのってきた、ということもあるので、一度冷静になって考えましょう。

 

 

ただし「作業(業務内容)が向いていないと感じる」「人間関係がうまくいかずに長期間にわたり仕事がしにくい」など、理由が明確な場合は、この限りではありません。

 

転職のリスク

iStock.com/Serdarbayraktar

 

転職活動を始める前に、転職に伴うリスクを知っておきましょう。

 

 

環境が必ず改善されるとは限らない

転職を検討したときに、誰しもが希望の転職ができるわけではありません。本人のスキルや環境、タイミングによって、環境が改善しない場合もあります。

 

 

特に転職により大きな変化が伴う場合、自分の想像していた状況と現実との差にギャップを感じてしまう事があります。

 

 

ポジションや責任範囲が変わる、人間関係が変わる、給与が変わる…。たくさんの変化の中で改善されることもあれば、以前の職場より悪くなってしまう要素もあります。すべてが良くなる転職というのは非常に稀です。

 

 

たとえ何かの要素が悪くなってしまったときでも、自分の転職の理由が明確な場合、自分が成し遂げたいことさえ達成されていれば自分で納得感を得ることが出来ます。そのためにも必ず何のために転職をするのか、明確にすることが重要です。

 

 

金銭リスク

転職に伴う金銭リスクも理解しておいた方が良いです。会社を退職するともちろん収入は途切れますし、次の会社のお給料が入るまでは無収入になります。さらに転職活動中は面接のための移動費やスーツや靴、資格入手のための投資など先んじて出ていくお金もあります。

 

 

そのほかにも在留資格の申請にかかる費用や、勤務地が変わる場合は引っ越し費用、無職の間の税金の支払いなどこまごまとした出費から大きな出費まで想定外の出費も想定することが重要です。十分な資金を準備してから転職活動することをお勧めします。

 

 

ローンが組めないリスク

離職中はローン審査が通りにくいため、一定の収入が確保できない離職中に家を借りたり、車を買ったりするときに審査が通らないことがあるかもしれません。

 

 

年収アップできない

転職したからと言って、必ず年収を上げられるというわけではありません。転職先で福利厚生制度を十分に受けられないこともありますから、生活への影響は慎重に考えるべきです。

 

 

転職に悩むときにやっておきたいこと

iStock.com/phongphan5922

 

転職するか、現職に留まるか。すぐに決断できなくても自分のことを知っておくと今後のキャリアに役立ちます。

 

 

自分の適性を知る

おおまかには、次の3つを知っておくということです。

 

 

1嬉しさを感じるとき

「スケジュール通りにプロジェクトを進められたとき」「売上を達成したとき」「仕事でほめられたとき」など、人によって嬉しいと感じる場面はさまざま。自分がどういうときに嬉しさを感じるか、書き出してみましょう。

 

 

2つらさを感じるとき

格好悪いなどと思わず、「朝早いのがつらい」「残業がつらい」「人間関係がうまくいかないとき」「仕事で失敗したとき」など、何でも書き出しましょう。

 

 

3楽しかったこと、またやりたいと思ったこと

「設計書がばっちりはまった」「取引先に頼りにされた」など、仕事をしていて楽しいと感じたときや、またやりたいと思ったことを書き出します。これらを知ることは、転職活動を本格的に始めるときのヒントになります。

 

 

自分の市場価値を知る

やりたいことが明確でなくても、今の自分の技術や知識レベルを振り返りましょう。そうすることで、やりたいことが明確になったときに、次に何をしたらよいかの指標を見つけやすくなります。

 

 

またキャリアアドバイザーに相談して、延ばすべきスキルを教えてもらうこともおススメです。日本語やプログラミングなどの専門知識など、自分のレベルがどれくらいなのか、希望の転職を実現するために何が足りないのか、客観的なアドバイスをもらうことで具体的な対策が出来ます。

 

 

企業の情報を集める

ぼんやりと「名前だけ知っている」「なんとなく気になる」というものがある場合は、採用情報ページなどの情報を控えておきましょう。転職サイトを眺めたり、エージェントに相談したり、ハローワークに行ったりするのもよいでしょう。

 

 

外国人の方での日本国内で転職する場合は日本人が使っている転職サイトを利用することも多いようですが、外国人向けの求人が多くのっているサイトを利用することもおススメです。特に外国人の受け入れ実績がある会社はより転職がしやすいため、そういった情報をもっている転職エージェントに相談するのもひとつのアイディアです。

 

 

パートナーに転職の可能性を伝えておく

転職活動には「いつまで」と決められた期間はありません。2~3カ月で内定に至る場合や、半年~1年、それ以上かかることもあります。転職活動はパートナーに金銭面などで負担がかかることもあるかもしれません。パートナーがいる場合は、転職活動を始める前に理解を求めておくことが大切です。

 

 

転職を迷ったら、やりたいこと、やりたくないことを考える

iStock.com/metamorworks

 

転職を迷ったら、気になることを書き出してみましょう。すぐに転職活動を始めなくても、次の転職先を選ぶポイントになります。転職活動は、今あなたが考えている以上にお金と体力と時間がかかるもの。自己分析や市場価値を考えたうえで、本当に転職すべきかどうか考えましょう。

ページ上部へ戻る